current を壊した2009年05月28日 21時56分18秒

一ヵ月振りにソースからのシステムの更新を試みた。CURRENT をはじめ、7.1-RELEASE と 7.2-RELEASE のコードがあった。

まずは最新のコードの取得を試みた。CURRENT の更新をまず試す。あまりに久しぶりだったので、間違えて CVS でソースの更新を始めてしまった。気が付いたときは既に遅し。気が付くのにも二時間ぐらい掛かったのも問題ではあるが。どういった経緯だか覚えていないが、CVS の管理ファイルもソース配下にあったため、Subversion のワークエリアで CVS が使えてしまったのだ。

これで、ほとんど修正不可能な位まで壊してしまった。Subversion でまだ取得していないファイルを既に CVS で取得してしまったので、その各々のファイルに対し警告が出る。かなりの数なので手で処理する気が失せる数だ。それに久しぶりの更新だったので、どのソースにどんなパッチが当たっているのかを完全に忘れた。CVS と Subversion が中途半端に混ぜられて使ったので diff もうまくとれない。

大失敗した。CVS と Subversion のワークエリアは「混ぜるな危険」の様だ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2009/05/28/4327820/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。