zfs send -R を受け取るのは zfs receive -d が良さそうだ2017年08月14日 12時23分46秒

ZFS に保存している写真のファイルシステムをバックアップすることにした。
zfs list -t all
...
zfs/pict                 304G  92.4G   301G  /mnt/zfs/pict
zfs/pict@2017_02_26     1.15G      -   283G  -
zfs/pict@2017_07_05     1.36G      -   299G  -
zfs/pict@2017_08_13     11.6K      -   301G  -
ファイルに間違って重複があり、差分のみをファイルから取り除いた。そのため、スナップショットに元の巨大な重複ファイルが野持ってしまったので、昨年までのスナップショットを消した。そのため、スナップショットの数は少ない。差分で複製するとなると、スナップショットが少ないと、不便だ。

スナップショット名を指定した形で試したら失敗した。

$ zfs send -R zfs/pict@2017_08_13 | zfs receive bkup/camera@2017_08_13

 cannot receive: cannot specify snapshot name for multi-snapshot stream
 warning: cannot send 'zfs/pict@2017_02_26': Broken pipe
 warning: cannot send 'zfs/pict@2017_07_05': Broken pipe
 warning: cannot send 'zfs/pict@2017_08_13': Broken pipe
そこで、receive の -d オプションを利用。
$ zfs send -R zfs/pict@2017_08_13 | zfs receive -d -v bkup/camera
これで、無事に複製できたようだ。send と receive を同時に行う場合は、receive 側に -v を付けた方が見やすくエラーも分かりやすい。

FreeBSD に openssh SA2017年08月11日 13時20分17秒

FreeBSD-SA-17:06.opensshの Security Advisory が出ている。対象は、サポートされている全てのバージョン。ssh/ssl 関連は久しぶり。問題点は、パスワードの長さの点検をしていなかったらしい。

パッチを当てずに回避をするには /etc/ssh/sshd_config の PasswordAuthentication を無効化して、sshd を再起動すればよい。

買ってから初めてのパンク2017年08月09日 12時43分25秒

Sirrus Sportを購入してから初めてのパンク。

最初はゴムが劣化したのかと思ったのだが、タイヤを外して見ると、チューブに穴が空いていた。修理の時にタイヤの内側を目視して、針が刺さっていないのを点検したが、十分では無かったため、交換してすぐのチューブにまた穴が空いてしまった。

そこで、もう一度交換し直した。今度はタイヤの接地面をくまなく調べた。そうすると、結構長い針が二本も出てきた。折角だったので、一回り調べてみると、細かいガラスの破片も結構出てきた。

今度からは、もっとしっかりと刺抜きをしなければ。

ニューヨークがさらに寒い2017年08月07日 12時30分08秒

先週は少し肌寒いと思っていたが、月曜日は特に寒かった。日曜日の早朝に雨が降り、冷えていた。月曜日の九時ぐらいから雨が降り始め、十時には土砂ぶり。一日中強めの雨が降っていた。寒くて、長袖長ズボン。窓も寒いため閉めた。気温は華氏 70 度で、およそ、摂氏二十度。

今年の夏は、全体的に気温が低め。

ニューヨークは寒い2017年07月31日 14時11分45秒

一週間程寒い日が続いている。夜は、窓を開けたままで寝ると寒くなるくらい。夜に、長袖や少し厚めの布団を掛けても大丈夫なぐらい。自転車で通勤するとさすがに汗をかくが、走っていて暑苦しさは無い。

昼間は涼しくて過ごしやすいが、流石に七月にこれではもの足りない。

FreeBSD 11.1-RELAESE の Laundry が大きすぎ2017年07月29日 08時10分55秒

Laundry は 新しいカーネルメモリの状態だが、11.1-RELEASE を見ていると値が高すぎる時がある。

mdconfig で 5GB の swap 型を作り、3GB 程利用しているのだが、500MB も Laundry があるのに、200MB もスワップに書き出された。Laundry を開放すれば、わざわざディスクに書き込む必要もなさそうだが。

コードを見ると、全ての Laundry 関連の変更が 11-STABLE にきているわけでは無いような説明が見られる。

SVN の pristine は svn cleanup で削除される2017年07月27日 17時06分29秒

FreeBSD の src は大量のファイルがあるので、pristine ファイルが大量に積もってくる。以前に調べたときはうまくやり方を見付けられなかったので力技で対応した。それから、ほぼ二年経ち、/usr/src だけで 4GB を占めている。

調べ直すと、svn cleanup で必要のなり pristine ファイルが削除されるのを見付けた。cleanup はロックが残ってしまった時だけだと思っていた。

/usr/obj は別にしてあり、/usr/local も別れている。インストールされているファイルは 1.5GB あり、残りの 3.5GB から 4GB が /usr/src にあるようだ。

% df /usr
Filesystem   1K-blocks    Used   Avail Capacity  Mounted on
/dev/ada0s3d   7103150 5126298 1408600    78%    /usr
% cd /usr/src
% svn cleanup
% df /usr
Filesystem   1K-blocks    Used   Avail Capacity  Mounted on
/dev/ada0s3d   7103150 3936964 2597934    60%    /usr
cleanup で 1GB 程のファイルが消されたようだ。結構この処理には時間が掛かった。

FreeBSD 11.1-RELEASE が発表された2017年07月26日 12時01分12秒

FreeBSD 11.1-RELEASE が公式に発表された。リリースノートに目星い変更点が書かれている。

個人的には NDIS のバグが直って、古い機種の一台が復活。そして、更に古い機種の起動時のパニックを回避する load.conf を遅れ馳せながら見付けて、二台目も復活した。

EARLY_AP_STARTUP が有効になった。しかし、これを有効にした時に、起動時に問題が出る機種があるようだ。いくつかのバグは PRERELEASE の時から潰されてはいるが、起動しなかったらカスタムカーネルを試すのも手。

groff や rsh 系などが非推奨になり、12.0-RELEASE までには消されるそうだ。

releng/11.1 のバージョンが RELEASE-11.1 に2017年07月23日 16時01分50秒

最終的には FreeBSD 11.1-RELEASE は当初の予定通りに進みそうだ。releng/11.1 のバージョンが 11.1-RELEASE に更新され、release/11.1 も SVN に作成された。

最後に一つだけ変更が入った。次の水曜日頃に、正式なリリースの発表になるもよう。

FreebSD 11.1-RELEASE の pkg に更新2017年07月17日 15時37分43秒

FreeBSD 11.1-RELEASE 向けの pkg が公開されたので、pkg update で新しいデータを取得し、pkg upgrade で、ports のソフトウェアを更新した。

外付けのディスクに少々問題があって、一度目の更新に不安があったので、再度やり直した。

作業時間は、一、二時間程度。昔は、ports であれこれ自前でコンパイルして入れ直していたので、二、三日は掛かったのに比べると、断然早い。今でも、一部の ports は依存関係を切り落とすため等に、設定を変えて入れているが、手間を省くために、変更は極力避けている。

xfce、seamonkey、sylpheed を主体として入れていて、今回の更新では大きな視覚的な変更は見られない。環境依存だろうが、若干フォントの表示が心持ち小さくなった様だ。写りははっきりしているので、小さくなったが見やすくなった。