動的ライブラリのパスを指定する環境変数2012年02月18日 14時35分50秒

UNIX の動的ライブラリがある場所を指定する環境変数の名前はシステムによって色々と違う。中には同じものを用いるシステムもある。さて、わざわざシステムに依って変数の条件分けをしなくていいと喜ぶべきなのか、システム固有値のみを設定すべきなのか。中途半端な違いが悩みの種だ。

LD_LIBRARY_PATH 派

  • Solaris
  • FreeBSD
  • NetBSD
  • OpenBSD
  • Linux

LIBPATH 派

  • AIX

SHLIB_PATH 派

  • HP-UX

DYLD_LIBRARY_PATH 派

  • MacOS X

ハロウィーン2011年11月01日 16時23分51秒

今のニュージャージー北部に引っ越してきてから、家族が家にいる初めてのハロウィーンとなった。フィラデイルフィアに住んでいたときは、大きなマンションなどの集合住宅で住んでいて、また近所付き合いなども皆無なので、ハロウィーンをやった事は無い。

やはり、殺人事件や狂悪犯罪の多いアメリカで、何処の誰だか分らない人達が、覆面で顔を隠してやってくるのは、家族を持つものとしては心配になる。

家が行くのは、普段から色々とある近所の老夫婦のお宅のみ。子供もまだ小さいので、わざわざ歩いて回れない。やはり、知らない家を訪ねるのは、不安があるもの否めない。

妻の話だと、留守の間用に玄関に置いたお菓子は悪ガキが子供に手を取られている隙に、大袋ごと持って行ってしまったそうだ。その後も、玄関を鳴らす音に困惑していたそうだ。その中で、五歳の息子は大奮闘。呼び鈴が鳴ると走って出て行き、準備しておいたお菓子を渡していたそうだ。そのうちに、お菓子が尽きたら何と自分がもらって来たお菓子も全てあげる始末。それでも足りなくて、ホールズの喉飴まで配る始末だった。なお、この喉飴は自転車に乗るとき毎日一つずつ口にいれて行く。

食事時も呼び鈴が五月蝿くて落ち着かず、子供達も席を立って行ったり来たりする。また、安全面での危惧が多いので、ハロウィーンははた迷惑な行事だ。

swap の暗号化2008年04月25日 19時47分20秒

OpenBSD が swap 領域を暗号化したのが一番最初だった。当時は、スワップなど暗号化してどうするのかと笑われたりしたものだった。その時の報告では、ディスクの方が暗号化に掛かる時間よりも遅いので実質的な損失は無いとの事だった。OpenBSD では既に何年もの間、デフォルトで暗号化されるようになっていたと記憶している。

FreeBSD でも gbde と geli を用いて swap 領域の暗号化が出来る。gdbe 自体が既に過去の物となっており、gbde の利用は勧められない。geli を用いると一度切りのパスワードを生成し利用するので、再起動毎にパスワードも変わることになる。

さて、実際の方法だが、rc に組み込まれているので、とても簡単だ。デバイスに .eli をつけるだけで良い。


# Device                Mountpoint      FStype  Options         Dump    Pass#
/dev/ad4s3b             none            swap    sw              0       0


# Device                Mountpoint      FStype  Options         Dump    Pass#
/dev/ad4s3b.eli         none            swap    sw              0       0

と変える。rc スクリプトは swap 型かつ sw オプションを持ち、各 GEOM デバイスを指定したものを暗号化の対象する。この場合は、eli だ。

OpenBSD で自動 unmount が実装されたようだ2008年04月03日 16時45分56秒

ふと OpenBSD 4.3 のリリースノートを見ていたら、以下の記述を見つけた。
Filesystems on USB devices are automatically dismounted if the device is disconnected.

FreeBSD などでも、よく話題にあがっているのを見るが、まだ実装はされていない。