VOS について思うところ2010年07月11日 04時59分35秒

前職では VOS を主体として開発していた。運よく次の仕事も見付かり、なんとか順調にやっている。恐らく、VOS にお目にかかることも当分はないだろう。

何だかんだ言っても所詮は計算機。目的に沿った API を正しく使えば正確に動く。問題は API が POSIX では無いこと。ここ十年来は OpenVOS として POSIX 準拠の API も力が入っていたが、所詮は付け焼き刃。性能を引き出す上では専用 API にはまったく及ばない。しかし、色々と癖があり、慣れてくるまでにそれなりに時間がかかる。

開発環境としては、スクリプト言語なども含めて貧相でかなり手間のかかる環境だった。OpenVOS で bash スクリプトが使えるようになるまでは、VOS コマンドマクロという、bourne シェルにすら大きく劣るスクリプト言語しかなかった。長い間、変数と if、else、goto が主な武器で、ブロックの do が出てくるのは二十 一世紀に入ってからだ。その為、長い間 if の後は goto がほぼ定型になっていた。

この VOS を専門にする人達は VOS について様々なことをよく知っている。UNIX には無い、システムや各種サブシステムを検査、実験するツールがたくさん存在する。これらを上手に使うことが VOS 上で未経験の部分の開発に大きい影響を与える。これらのツールの中には、コマンドラインから直接全てのシステムコールを叩ける物まである。逆にこのシステム以外の事を知らないのが欠点だ。

普通にお目にかかる機会のない事もあり、個人的には色々と楽しむことも出来た。元々は UNIX 使いだが、この変わったシステムも色々と使い込んだ。特に OpenVOS が出てきてからは UNIX と VOS の合わせ技で、前職では開発陣と開発環境を色々といじって楽しんだものだ。

タイヤを交換2009年10月19日 10時57分03秒

一つのタイヤが磨り減っていたのは最近気になっていた。直ぐには無理だが、そろそろ買い換えた方がいい時期になってきているので、それまでもてばと期待していたがそうはいかなかったようだった。

車に乗ろうと思っていたら、空気が抜けていた。空気を入れなおして、近くの BJ's に持っていった。会員制の安売り店だが、タイヤの交換は安くてしかも早いので一番気に入っている。

空いていたので三十分かそこらで終わっていたようだった。往復の時間やその他の待ち時間も含めても一時間をすこし過ぎた位で終わった。

service engine soon が点いた2009年10月18日 11時35分35秒

今日は物凄く激しい雨が降っていた。道路にもあちこちに大きい水溜りが出来てる。水溜りと言うより池と言った方がいいくらい大きい。また結構深いので底が見えずに、道路の穴もよく見えないので気をつける必要がある。

そんな中を運転していたら、急に service engine soon のオレンジ色のランプが点いた。点いたところから家まで近かったのでそのまま気をつけて帰る。そして、馴染みの車屋に電話して直ぐに持っていくことにした。

出る前に調べてみると、半分ぐらいの場合が何も無くても点いてしまう警告とのことだった。しかし、点いたからといって無視して言い訳でもないらしい。これを放置して、大きな故障になった人もいたみたいだった。このランプはアメリカで売っている車にあるものらしい。

調べてもらったところ、排気系のところから警告が出たらしいが、目立った異常は無いとの事だった。そこで、いったんライトを消して、この警告が点か再び点かないか様子を見ることにした。

Asahi-net が落ちていた様だ2009年09月24日 00時35分15秒

少しの間だが、asahi-net.jp に繋がらなかった。接続しようとしても何も出てこない。asablo の方も落ちていたみたいだ。ほんの数分前は繋がらなかった。

もう十年ぐらい使っているがこんなことは無かった。珍しい経験をした。

一万人以上が新型インフルエンザに感染2009年06月02日 12時06分50秒

日本の新聞を見ていたら、今日アメリカでの感染者数が一万人を越えたと載っていた。

それに引き替え、アメリカのテレビ番組を「ながら見」で聞いていても新型インフルエンザに関するニュースは全く出てこない。

日本は一度ニュースに取り上げられると過熱報道になる癖がある。それに引き替えアメリカは、地元一点主義。国際ニュースなどもありはするが、周辺地域のニュースが主でそれ以外は弱い。どうも両方とも両極端だ…

Northwest と Delta が統合するようだ2009年05月25日 15時26分43秒

合併だか買収だか知らないが、既に両者が統合されるのは随分と前から決まっていたようだ。現在は会社自体は一つだが、それぞれのブランドのまま、営業を続けているらしい。

ノースウエストの WorldPerks に入っているので、最近気になって調べてみた。どうもデルタの SkyMiles に統合されるようだ。段階的に統合していき、今年 2009 年末頃には完全にデルタ側に吸収されるみたいだ。

ノースウエストの WorldPerks は無期限だったので、取り合えずと入ったいたのだった。あまり縁が無くほとんど使っていないが、それでも長い間に三万マイルぐらいは貯っていたようだった。

SkyMiles は二年間利用が無いと無効になってしまう。そのまま放置されて無くなってしまう可能性が高いような気がする。

今回の日本滞在の総括2009年05月21日 22時26分06秒

今回は三週間の滞在だったが、大変短く感じた。子供を一人で連れてきたところが大きい。新型インフルエンザなど大きく騒がれているが特に問題もなく、また当初の予定もしっかりとこなすことが出来た。また、息子も楽しく過ごせた。

各種事務処理と転職に向けての準備、そして子供の日本語留学が主な目的だった。

子供が口にする三、四ヶ国語の中で、文章校正力は元々日本語が一番秀でていた。三週間が経ち、文章力もこなれて長く喋り続ける。出発前は英単語が多かったが、現在では日本語だけで話せる。「だから」、「でも」、「と」等を駆使して面白い事を話してくれる。三週間でこんなにも語学力が伸びると思わなかった。二歳児の成長力には改めて目を見張る物があった。やはり、これが今回の滞在での一番大きな収穫だ。

事務処理は無難にこなし、何人かの友人やお世話になった人達に会い彼らの仕事の事や考え方、経験なども聞くことが出来た。自分の経緯なども話す機会もあり、色々と考えされられた面もある。その中でも、リクルーターにお会いでき、様々な助言を頂いて、この面での成果は当初の期待以上だった。

Third Party Recruiter に会う2009年05月20日 23時36分35秒

今日、リクルーターに会ってきた。日本語だと何だろうか。エグゼクティブリクルーター等という言い方もみたことがある。ある特定の会社で求人を行なっている人ではなく、求職者と企業の雇用を引き合わせるのを仕事としている人達だ。

学生時代の友人が知合いを紹介してくれた。時差ボケなどで連絡を取るのが遅れたので、時間が取れなくなるかも知れない可能性もあったが、今日時間を会わせることが出来た。以前はアメリカにある会社で、日本国内向けの就職を斡旋していたらしく、履歴書等をはじめアメリカ流のやり方の様らしい。

当初は一時間の予定だったが、最終的には二時間も話が出来た。簡単な自己紹介の後、職務内容や、やりたい仕事、楽しかった仕事等の仕事関連から、少し脇道にそれた雑談なども。私の履歴書に関しての助言や、これから本格的に就職活動を行なう上で、色々と疑問だった点や不安だった点を教えて頂き大変参考になった。

Softvision 訪問2009年05月16日 08時54分29秒

先日、ソフトヴィジョンに御邪魔してきた。現在は、エンドユーザ向けの本格的リレーショナルデータベース DBPro の販売と DBPro を利用したアプリケーションの開発の受託を受けている。

十年ぐらい前にお世話になった。当時は、C++ で DBPro を再開発していた時だった。この開発に多くの人員が割かれ、これが後の 4.x 系の元となった。他にも幾つか外部受託をしている人達もいた。

当時でも二十人ぐらいの小さい会社だった。現在は規模を縮小し、数人程度で DBPro を扱っている。以前いた人達は、独立したり、外注先に移ったそうだ。小さい会社だが、逆に数年に一度しか日本に行かれない時もあったが、訪問すると快く迎えてくれる。子供も連れて来てもよかったと言われたくらいだ。

業務の方は大きい注文は無いが、定期的に注文が入るらしい。エンドユーザ向けのために小規模な所には使い勝手などで大型のリレーショナルデータベース等よりも扱い易いそうだ。また、Oracle 等とも連係してフロントエンドとして使うこともできるそうだ。スクリプト言語も用意されていて、作業をまとめることもできる。宛名や名刺印刷等にも力を発揮する。Windows に特化されていて小回りが効くのが功を制しているそうだ。

今回の訪問で独立した方々の連絡先も貰うことも出来た。折りをみて連絡を入れたいと思っている。

自動車の運転免許を初更新2009年05月08日 15時43分42秒

日本の自動車の運転免許を初めて更新した。

今までは、帰国時期が合わず既に三回程失効している。以前の規則だと、海外に滞在していた場合や、妊娠や長期治療などの為に入院していた場合は、その証明をすれば六ヵ月を過ぎていても、例外的に再交付が出来るようになっていた。なお、この場合は再交付なので取得日などが全くの無しになってしまう。学科、実務試験、若葉マークを免除される形での取得になる為だ。

さて、今回も二年前にまた色々と変わったらしい。その変更のお蔭で、二時間の講習を受ける事になった。初めての更新の場合は全てこの長い講習に割り当てられる様になったとの事だ。今回は、一時間で済むかと思っていたのに。これで、四回連続で最長の講習を毎回受けていたことになる。

自動車の免許の更新も手間の掛かるものだ。