日本から北京経由でアメリカへ2015年12月29日 12時35分45秒

アメリカに戻ってきた。もちろん復路も北京経由。

羽田初の飛行機は朝八時発。六時すぎに空港に到着し、出発手続きを終える。まだ早朝ではあった為比較的空いていて、まあまあすんなりと終った。出国手続きの窓口などが混んできているとの放送があったのと、ターミナルまで歩いて十分は掛かるとのことで、子供達は七時にはターミナルに見送りにきた祖父と叔父、従兄弟に挨拶をして別れた。

羽田から北京行きの機内では朝食が出た。北京到着後は乗り換え時間が一時間半しかなかった。この時間で、入国手続きをして、セキュリティチェックを終らせなければいけない。羽田からの飛行機はターミナルに着かずに、バスでの移動。急ぐことも出来ない。バスを降りた後は、往路で一度通った道なので、ある程度の手順は把握していた。しかし、即時国際線乗り換え用の窓口も他も長蛇の列。 既に、搭乗時刻が十二時半の張り紙がしてある。そちらに行くと、入国審査は一気に列の先頭へ。しかし、セキュリティチェックの列はそれなりに進むものの、混んでいて一時間は掛かった。それこそ、ターミナルについて十分で、搭乗開始。

帰りの飛行機の方が同じニューヨーク北京間でも質の良い飛行機だった。航路を見ると北京へは北極圏を通って来たが、ニューヨークへは、韓国と日本の北側を通過し、アラスカの方から飛んで行った。映画なども来た時よりも豊富で馴染みの多いアメリカ製のものも多かった。私は旅の疲れが出て、かなり寝ることが出来た。子供達はやはり寝つけないようで、映画などを熱心に見ていた。

ニューヨーク到着後も大変だった。JFK 空港は大混雑。飛行機を降りてから入国手続きをするのに大勢の人が待っていた。旅行者用と違った列でかなり短い列で通過できたが、それでも二時間ぐらい掛かった。その後、既に預け入れの荷物のテーブルは止まっている。盗難も気になった。その後、荷物の検疫を通過し、空港を後にしたのは、着陸後二時間半以上経ってからだった。

JFK を出たの午後四時頃。JFK を出てすぐの高速道路は早朝や深夜でない限り、常に渋滞。そこを三十分程で抜けて、自宅に着いたのはやく一時間半後。ぎりぎり日の入り前に着くことは出来た。

北京経由の利点2015年12月22日 10時52分43秒

国際線の乗り継ぎをして、今回日本に来た。飛行機の中はあまり寝つけないし、乗り換えなどもあって随分と疲労した。

いつもより長い旅程が逆に幸いしたこともあった。何といっても時差ボケが少ない。今までは日本に着いてすぐは、子供達が早朝三時ぐらいに目を覚まし、夕方四時ぐらいから寝こけてしまうことが多かった。

今回は早くても六時起き。疲れた日の次の朝は七時から七時半まで寝ている。夕方に寝てしまうことも無いので、前回までは時差ボケが無くなる一週間ぐらいお出かけなどがしづらかったが、今回は全く大丈夫なようだ。

北京経由の中華航空だけでなく、トロント経由のカナダ航空など幾つかの海外航空会社で直行便よりも安いのがいつくか出ていた。疲れないようにと、今までは直行便を選んでいたが、もしかしたら少し長めの旅程の方が、逆に日本に着いてからの時間を有効に過ごせるかも知れない。

成田空港へ2015年12月19日 07時28分13秒

子供達と妻が実家へ行くので、空港へ送って行った。今度は成田空港を利用。日向の実家からははやり成田の方が近くて使いやすい。高速道路を一時間の羽田より、一般道でゆっくり走っても三十分の成田の方が。

成田の駐車場は三十分毎の課金。子供達と別れた後に若干時間枠が余っていたので、一通り店舗を歩いてみた。

国際空港ということで御土産向きの日本製品が色々と置かれている。あちこちで御土産向きの品を探して回るよりも、よっぽど効率良く、日本からの御土産らしいものが手に入る。日本出国前よりも、日本入国後に成田を離れる前に一度、御土産の品定めをしておいたほうが良いくらいだ。ここで買えないものを中心に御土産を準備できる。

成田入国2014年08月09日 17時26分10秒

成田に到着して飛行機を降りたら、まず入国審査。日本語で「お帰りなさい」と外国語で「ようこそ」の垂れ幕があちこち目に入る。

成田に着いたら、飛行機からさっさと降りて、せっせと歩く。入国審査は並んだ順なので、降りたらせっせと済ませてしまうのが吉。飛行機を降りるときにゆっくりしていても、あまり得はない。以前にアメリカの空港で軍隊が到着したらしく、入国審査がそちらに優先され待ち時間が一時間以上延びた経験もある。成田入国だと、日本のパスポートのみだと早い。

入国審査を終えると、預け入れた荷物を引き取って、税関を通過する。入国審査を終えても、まだ出てきていない。出てくるまでに結構時間が掛かるので、入国審査の後はトイレ休憩をいれたりゆっくりしても変わらない。機内持ち込みだけの荷物で済ませると、ここで待たずに税関を通れるので便利。ただし、これは荷物の少ない人に限る。成田だと無料でカートが借りられるので便利。

税関を通るとすぐに出口。角を曲がると待っている人達の待機場所にすぐに出る。

子供達が出発2014年06月14日 10時04分17秒

子供達が夏休みを利用して一時帰国。むしろ、子供達は一時出国。初めて Newark 空港から出発。ニュージャージー州在住なので、ジョージワシントン橋を渡たらなければいけない JKF よりも近いし渋滞がなくていい。何時も Newark と JKF で探すのだが、JKF の方が本数が多いみたいで、JFK を使った方が多かった。

十一時出発の飛行機に乗るために、八時少し過ぎに着くように出発。ジョージワシントン橋は特に混んでいる日だった。入口の選択が悪かったら、最低一時間は掛かりそうな位。

I-95 を南下して 14 番出口で降りる。丁度雨が振り始めたのに加えて、結構ややこしく、一度空港に入りそびれて回りを一周してしまった。JFK の方が高速道路から一気に大きな標識の立っている正面に入れて分かりやすい。

一度、出発用のターミナルに車を着けて、荷物を全部降ろす。子供達と妻は荷物を持って、チェックインへ。一度、車を駐車場に止めて、チェックインターミナルへ。アメリカでは、ターミナルの傍に有料カートが置いてはあるが、すぐにチェックインカウンターまで数メートルなので必要ない。

チェックインの手続きの最中に、子供達を連れて御手洗に行ったが、生憎二つも閉まっていて、三つめでやっと入ることが出来た。結構な距離があった。

子供達と少し時間を潰して、出発の一時間半前に、セキュリティーをくぐって出発していった。

SkyMiles Casio EX-ZS10 を取得2011年09月28日 11時15分56秒

去年の末に買ったデジタルカメラを事もあろうに、ほとんど使わないうちに無くしてしまった。以前のカメラも動作はしているが、色々と娘が触るので、おかしな動作をすることもある。ふと手を離してゴチッとやるのはまあ、頻繁にやるし、海に行ったときには砂浜に落としたりもした。

色々と見ていたのだが、ふとあることに気が付いた。航空会社のノースウエストがデルタに吸収されたのを。ノースウエストは、日程や料金の都合上、ここ長らく使っていなかったが以前に溜めたマイルが残っている。48000 マイルに届かない位といったところ。デルタに吸収されて、二年の期限がついてしまったのだ。それの期日がそろそろ迫っているのを思い出したのだった。

どうせ無くなってしまうのだからと、何が出来るかと調べてみると、色々な商品と交換も出来るのを見つけた。SkyMiles Marketplace でマイルと商品を交換できるらしい。そして、その中にはデジタルカメラもあり、色々と見ると結構揃っている。そこで、残っているマイルで取得できる一番良いものを選んだ。マイルで商品と交換できるが、そのマイル数には郵送料も含まれる。使い切れないマイルを処理するのに、別にお金もかからなくてとても良い。

最終的には Casio の 14 M の機種を選んだ。Exilim と商品の画像が見えるが注文時には機種番は分らなかった。十営業日以内に届くとあるが、三日で届いた。機種を見ると EX-ZS10 だった。

United Airlines が片道のみのマイルチケットを2010年11月07日 16時31分10秒

ユナイテッド航空からマイル会員への手紙が来ていた。中には、これからはマイルを使った片道切符も買えると書いてある。

随分と前からアメリカ系航空会社の空港券へのマイル換算数は往復から片道へと表示を変えていた。そのため、随分と少ないマイルでチケットをもらえると錯覚したものだった。そのため、往復で取るときは二倍になる。

しかし、今までは、換算数は片道で表示してはいても、片道の切符には交換することは出来なかった。むしろ、片道の切符をマイルとの交換で欲しい時は、往復分を取得して、片道分のみのチケットを使うように明記されていたのだ。これは、アメリカン航空、以前のユナイテッド航空、今は無きノースウエスト航空等の他のアメリカ系の航空会社に当てはまるものだ。

今回の変更で、片道分のマイルで、片道分のチケットが取れるようになる。今すぐは使う予定は無いが、後々で役にたちそうな変更だ。

American Airlines でストップオーバー2010年06月03日 13時09分09秒

一回の旅程で、幾つかの目的に行くことをストップオーバーと言う。例えば、日本からサンフランシスコに行って、そこからニューヨークへ。そして、ニューヨークから帰って来る様なものがそうなる。

以前に調べた時に分ったのは、幾つかある。一つ目は、ストップオーバーをすると、飛行機会社が限られる。単純往復だと他に安い航空会社があるのにと行っても、ストップオーバーをやっていない事もある。二つ目は、途中の都市に再度止まれないと言うこと。上の例だとサンフランシスコでは帰りにも降りることは出来ない。ただし、経由先として通過することはある。三つ目は、別々に二つに分けて買うよりも自分が調べた限りでは必ず安い。まあ、こればかりは時期や乗り方等によって変わるかも知れないが…。

マイルを使うとどうなるのか不思議になり、アメリカン航空を調べた。今回は韓国への寄り道を考えている。なお、アメリカと日本と非混雑期のエコノミーは五万マイルで往復の航空券と交換できる。アメリカから日本と韓国へのストップオーバーは、同じ条件で六万マイルで交換できるそうだ。なお、アメリカン航空の提携を利用して日本と韓国の往復を取ると、最低二万マイルが必要になる。

前回

アメリカ系航空会社は片道分を記載2010年05月24日 12時59分38秒

これも、ここ一、二年での変更だと思うのだが、アメリカ系の航空会社は片道分のマイルを記載するようになった。最初に気が付いた時は、随分と少ないマイルで交換出来るようになったと糠喜びしたものだった。

しかし、規約をしっかりと熟読すると、往復分を申し込まないといけないと書いてある。その為、結局必要になるマイルは変わっていなかった。

航空会社が利点としてあげていたのが、往復で同じチケットを取らなくて良くなったこと。この規約のお蔭で行きはビジネスで、帰りはエコノミーといった事も出来るようになったとの事だ。

前回

飛行機のマイレージプログラム2010年05月14日 15時10分03秒

アメリカ系の飛行機会社は混雑期を避けると、混雑期の半分のマイルで無料チケットがもらえる。混雑期にマイルを使うと日本とアメリカの往復で十万マイル。これが非混雑期だと五万マイルで往復できる。日系の飛行機会社でも同じだが、何年も昔に調べた時に、混雑期の時期と期間が結構アメリカ系と違かったのを覚えている。

それこそ十年ぐらい前は本当に無料だったのだが、最近では何だかんだと手数料が取られ結局 $100 ぐらいはかかる。それでも、一番高い夏を避けても $800 から $1100 ぐらいはすることも多いので、長い目を見れば結構な節約になる。何回か往復しなければいけないので、交換出来る程貯めるのに何年か掛かる。

このマイレージプログラムもちょくちょく規則が変わる。細かい変更も入れると、毎年変わっているのでは無いかと言うくらいだ。学生の時に安いアメリカ系の会社でと入ったので、アメリカン航空、ユナイテッド航空、そして、ノースウエストが買収されて今ではデルタ航空と色々と入っている。

結構前の変更だが、有効期限が前回利用したときから、十八ヵ月に変わってしまった。一年半になる。以前は三年間有効だった。この期間内で貯めるなり交換すると全部の有効期限が伸びるのだが、子供も含めて使おうとするとかなり大きい制約になった。

三つも入っていると多すぎと感じる事はあるが、ノースウエストだった時は無期限だったので良いかとは思っていた。デルタ航空に買収され無期限では無くなったので、そのうち失効させてしまうかも。

次回