四街道のヤクルト工場を見学2018年07月01日 21時45分43秒

ヤクルトの工場が四街道にある。ここの工場は無料での見学を受け付けている。午前の部と午後の部があり、予約が必要。日曜日は閉まっているが、土曜日は工場も開いていて見学も受け入れている。子供達が平日は日本の学校に通っているので、土曜日に見学できるのはとても良かった。

自宅から車で四十分ぐらい。日が照って暑い日になりそうな、良い天気の朝だった。朝九時の部に合わせていく。正門の所の警備員さんに案内されて、駐車場に通された。待合室になっている会議室に通された。時間になるまでに、他に五組ぐらいの家族が姿を表した。結構小さい子供達も混ざっていた。

ヤクルトの製造や各種工場での過程などのビデオで鑑賞して、実際の工場の作業を窓の外から見せてもらえる。ヤクルトは全て受注生産で、その日の製造量が一桁まで決まっているとのこと。また、工場は原液を作る工場と、容器を作って原液を薄めて入れるボトリング工場に分かれている。四街道はボトリング工場だった。

通路に通され、遠巻きからビデオで見た、容器を作る過程を見る。細かいプラスチックの粒を熱で溶かして、型で一気に固める。その後、出来た容器が、一列に流れていき、内容物を入れられ蓋がされる。その後、検査を通過し、束にまとめられて包装される。

今回は滅多に見られない、ラインが止まる場面に遭遇できた。折角なので、共に何をしているかなどと、子供達の興味を引き、珍しい復旧作業をしっかりと見る様に促す。

ヤクルトの容器を再利用して作られた定規とヤクルトの栓抜きをお土産にもらって後にした。

日本で二日間出勤2018年06月28日 11時56分10秒

私の父、子供達の祖父は、一度定年退職後に関連企業に再就職している。正社員に任せるには、時間と効率が悪い仕事をまかなう様な仕事で、勤務日は週三日と休みの日の方が多い。仕事が無くなるらしい、会社が無くなるらしいと言い続けて五年ぐらい経つが、なんだかんだ言って、継続になっている。普段はある程度仕事をして、規則的な生活を続けられるので、とても重宝している。七十を過ぎて、既に妻を亡くしている父には忙し過ぎず、ほどほどでとても良いと思っている。こちらが日本を訪れても、ほどほどに一緒に行動できていい。

子供達も日本の学校に馴染んで楽しく登校している。私の父の平日二連休があって、大丈夫そうなので、二日程、東京の事務所で働くことにした。実家から東京まではそこそこ遠く、日帰りでの通勤は悩ましい距離。ちょっとした手違いもあったので、急なお願いになってしまったが、弟家族の所にお邪魔させてもらえる事になった。

仕事も長めの休暇を取ったのだが、東京訪問なども兼ねて出勤。普段は時差の為に顔合わせ出来ない人達なので、あれこれ簡単な会議を入れたり、あれこれ普段はやらないサポートをしたりで、あっというまに過ぎていった。

子供達は少し準備していった夕食と、二日目の銚子丸への外食を楽しんだ様だ。過程や学校でも、特に問題なく過ごせた模様。

横浜であかいくつの搭乗券を買って一周2018年06月26日 07時29分33秒

旧友に会うために週末に横浜へ出かけた。横浜は結構遠いので少し早めに出て、観光を計画。千葉の奥からだと、東京湾アクアラインを通った方が渋滞を避けられるので早い。自宅を出て、圏央道を使い、木更津を通過して、アクアラインを通った。

過去の経験から言うと、週末の午前中は横浜方面からの海ホタルの方が混みやすい。昼頃になると、駐車場が埋まっていた。それに比べると、木更津からの千葉方面からは、昼前でも結構空いている。逆に夕方になると、千葉方面からが混むようだ。

日曜日の朝は雨模様。天気予報では昼からは晴れるとあった。まだ、自宅を出たときには雨が降っていて、横浜に着いてからも結構降っている。

横浜は全く土地感がないので、駐車場を探すのに手間取ったが、まあまあの場所に何とか入れることができた。最後の数台のスペース分だったらしく、ぎりぎりだった。

あかいくつバスで一周する予定だったので、ある程度調べておいた。特に便利だったのは、市内のホテルで扱われていた事。地下駐車場を出て、道路を挟んだ向かい側にホテルがあったので、入って地図を見せてもらってからフロントで注文。簡単に購入できた。大人500円、子供250円で一日乗り放題の券を購入。

中華街に行きたいのだが、どちらに行けばいいのか分からないので、とりあえず先に走って来たバスに乗ってみた。すると逆向きの、桜木町駅に来てしまった。回送のバスだったので、一旦降車してから次に来たバスに乗り直した。

結構道が混んでいるのと、信号が多いこと、バス故のより道があって、結構移動に時間がかかる。桜木町駅から中華街まで三十分ぐらいかかった。中華街を少し歩いて軽食を取った後に再びあかいくつのバスへ。桜木町駅の方に戻るのに結構かかって、四、五十分ぐらいかかって戻っていった。

御墓参りの後にワンピースタワーへ2018年06月25日 11時34分56秒

日本には三週間程居る予定。子供達は平日は学校に通うので、お出かけできるのは、それこそ週末のみ。しっかり二連休を取れる週末は二回しかないので大忙し。

娘がワンピースが好きで、去年行ったワンピースタワーにもう一度行きたいとの事。娘が何かをやりたいと主張するのは珍しい。

子供達はまだ時差ボケの関係で起きる時間は早い。どうせ起きているので、午前中に母の墓参りへ。早起きだったものの、車の揺れで心地良くなったようで、寝てしまった。津田沼に八時半に到着。車が止まるとすぐに目を覚まして、元気に動き出した。天気は曇りで、予報では昼からは雨。線香をあげて、回りを少し散策してから、東京に向かった。

時差ボケのおかげで、ワンピースタワーにはほぼ開館時間到着。丁度雨が降り始めた。ワンピースタワーは去年一度回ったにもかかわらず子供達は楽しんでいたようだ。特に息子はウソップの射撃に熱中して攻略して、そげキングのお面を三個も取得した。相変わらず、ロビンのポーネグリフは難しかった。

三時頃になると疲れも出てきた様で、子供達が家に帰りたいと言い出した。朝からは結構空いていたが、二時、三時頃から人が増えてきて、待ち時間が長くなってきていた。待ち時間も少なく結構回って楽しんだようだったので、帰宅。

子供達は帰りの車でも昼寝をした。色々濃密な日程だが、車でちょこちょこ寝ているので、なんとかこなしている。

日本で学校に通い始めた2018年06月23日 20時02分57秒

日本に着いて、一日目の朝は早かった。寝不足と時差ボケで、眠いながらも朝早くに起きた。

娘は夜中に二時間ぐらい目を覚まし眠い模様。登校時間に起きていたので娘は、先生に挨拶だけしに行くことにした。去年の二学期に一週間だけ、御邪魔したので全くの知らない顔ではないが、恥ずかしがり屋の娘は学校に行きたくないようだ。

息子は、飛行機で寝なかった分、ぐっすりと寝て朝起きてきた。息子は、到着前から学校に行く気満々で、帰国翌日からしっかりと学校をこなしてきた。

二日目は、子供達と一緒に登校。娘はもじもじとためらっていたが、意を決して校舎に入って行った。二日目は二人とも御満悦。一年ぶりの再開に、歓迎されたようで、娘も行きたくないとは言わなくなった。

まだ、時差ボケが残っているのと、普段とは違った環境で疲れるようで、八時には就寝する。

日本到着後にすぐに学用品を揃えに2018年06月21日 12時41分17秒

カナダ経由で、日本に到着。カナダ経由は、カナダの入管を経由する。カナダの空港は、結構空いていてゆっくりできるのと、ニューヨークの JFK を回避出来るので、結構使いやすいと思う。

今回は成田空港に三時前に到着。子供達はすぐに学校に通い始める予定なので、空港からの帰り道に、イオンに寄った。息子は車の中でそのまま寝ついた。息子は飛行機の中でずっと映画を見ていた。娘も沢山映画を見たが、三時間くらい寝たので、車では寝なかった。

店で上履き、水泳用のバスタオルに、箸などの小物を購入。その後、子供達の希望で、銚子丸で食べて、家に向かう。

子供達は疲れていたようですぐに、寝ついた。

これから日本に一時帰国2018年06月19日 12時14分40秒

子供達も大きくなって、小学校の高学年。中学校に入ったら、日本の学校に入れるのも難しくなりそう。今年は早めの時期のチケットが少し安めで出ていたので、年始の頃に予約してあった。今回もカナダ航空でカナダ経由。

アメリカの現地校はもう夏休み。まだ、日本の学校は一ヵ月残っている。ここから、三、四週間ぐらい休暇をとれると、三週間は日本の学校に行ける。

運転免許更新時の 6 Point ID2018年01月08日 22時15分33秒

ニュージャージー州の自動車の運転免許は四年毎の更新。ペンシルバニア州の時もそうだったと思う。もうすぐ更新の期限がくる。アメリカの運転免許の更新は、入手日から四年間。更新期間は、期限が切れる前の三ヵ月間の様だ。更新の通知の手紙は二ヵ月程前に届いていた。

身分証明と居住証明がちょっと面倒臭い。写真付きの身分証明証が必要で、種類によって点数が違ってくる。また、証明証の総合得点が六点を満たさないといけない。それに加えて、居住している事を示す手紙なども準備する必要がある。6 Point ID verification であらかじめ準備しておく必要がある。

日本の様に市役所などでの住民登録等がないため、運転免許の更新には労力がいる。

新規発行でゴールド運転免許2017年08月20日 03時54分43秒

今回は有効期間が過ぎてしまった場合の手続きのうち「やむを得ない理由で有効期間が経過して6か月以内の方」に入る。この場合は残念ながら新規発行になってしまう様だ。

また、最近、更新の規定が変わり、以前よりも融通が効くようになった。なお、海外に居住のため更新手続きができない方更新期間より以前に更新手続きを希望される方があり、更新期間は結果的に短くなるが、失効を避けられるようになった。

各種書類をそろえて、朝一番に窓口へ。自動車が運転できないと何処にも行けない。

既に手慣れた、再発行の手続きを進める。変更された新制度の為だろう。今回は窓口で過去の運転免許証の記録を遡って調べたとのこと。そして、ゴールド免許に相当する無事故無違反なので、新規発行にはなるが、三十分講習を受けて、五年のゴールド免許の交付になるとの事。

ゴールド免許を貰えて更新間隔が延びたのと、数が少なくて長い二時間講習を受けなくて良くなったので、大変時間が節約できた。

カナダ航空のシステムが落ちていた2017年08月18日 03時01分47秒

アメリカのニューアークからトロントへ、カナダ航空で。空港に着いて驚いたのが、システムが落ちているために、全て手作業での搭乗手続きになるとのこと。ニューアーク国際空港では、カナダ航空のシステムのみが落ちているのが分かった。取り敢えず、旅券番号やその他の手続きを渡された紙を埋めて処理をする。

驚いたのは、カナダは経由地として、通過するだけでもビザを申請しなければいけないこと。インターネットで申請して、料金を払えば、三十分ぐらいで発行してもらえはするとの事。

航空券を購入したときに、既にカナダを経由しての国際線なのは分かり切っているので、そのような注意書きの一つぐらい欲しいものだ。

カナダ航空のシステムが止まっているのと、全てが手作業なので時間は押していた。

運良くカナダ行きの飛行機に乗ることは出来た。しかし、ダブルブッキングの為に乗れなかった人もいたようだ。

出発の時間も遅れたが何とかトロントに到着。ニューアークでの発券がシステム上ではされていないので、トロントでは再度航空券の発行手続きをやらなければいけなかった。なお、こちらのシステムは動いていた。しかし、既に次の便の出発の時間が迫っているのに、事務の人の数も少なく、また処理能力も低くて、最終的に発券出きたのは搭乗手続きの三十分ぐらい前だった。不慮の自体の為に、経由地では、二、三時間以上の余裕を持つようにしているが、それでも勝手に国際便をキャンセルされていないか、気が気ではなかった。

散々な旅程になってしまったが、取り敢えず無事に着くことは出来た。