就きたい仕事から英文履歴書を書き始める2013年09月23日 13時08分59秒

英文履歴書は難しい。何が難しいのかと言うと書式が決まっていないから。そして、自分を売り込むための物だから。簡単に書ける人達がいたとしたら、元々が売り込むのが商売のセールスぐらいであろう。日本語で英文履歴書を書き方を解説する本やサイトは多々あるがあまり要領の掴めない人達も多かろう。

英文履歴書に書式は無いが、自分を売り込むのに優れた書式など多種多様にあるわけではない。アメリカでも、履歴書に適した書式は、三つと言われる。しかも、そのうちの一つが大多数を占めるのが現状だ。

売り込むための書類なのだから、それを見て買い付ける人達がいる。何も履歴書を書くのに小説家になる必要は無いのだ。そして、履歴書は新しい職を探すのに使う。

すなわち、第一に就きたい職の求人を探す。そこには、どの様な能力と仕事内容だかが書いてある。特に、現在やっている仕事と重複しているものは特に重宝する。そして、第二に現在の職の求人を探す。ステップアップを目指すと、現在の自分に似ていないものも拾ってしまう。自分を語るために、今の自分に近いものを探すのだ。第三に、それらを真似つつ、成果や実際の数値を上げつつ肉付けをしていけば良い。これらを元に書き始めれば良い。目標とする職種が似ているようだったら、書きやすい。ちょっと違った分野を狙っているのなら、現在の職に近いものを元に、更に幅を広げていく。

Software Engineer で適当に探すとこの様なものがあった。

  • Design and develop new components or client’s integrations according to specifications created according to the client business rules.
  • Lead other software engineers in their development and testing efforts, including the assignment of tasks, monitoring of progress and management of code review sessions.
  • Provide diagnostic support for existing integration applications.
これを元に、Designed and implemented… 等のように書き出しで始める。この例では、顧客の要望に合わせて等ととても抽象的なので、これを具体的な成果に書き換えていく。例えば、在庫管理システムを作って、顧客の在庫管理にかかる費用が半分になったとしたら、designed and implemented new inventory system and reduced costs by half compare to their last system 等の様に飾り付けていく。

書道では、手本を真似て書くことから始める。履歴書もそれと同じで良いのだ。実際の職探しには、景気や流行りなどもあるので、履歴書を書けばすぐ仕事が見付かると言うわけでは無いと思うが、一筋の光明になればと思う。

Event is already Full2009年06月11日 01時15分01秒

Lee Hecht Harrison の主催するジョブフェアに登録しようとした。明日、十二日の開催だ。

家族との時間の調整で手間取ったため、二日前まで登録していなかった。ジョブフェアの前に講習があり、そちらは既に定員までいっぱいだそうだ。九社が参加しているが、そちらに会える後半の部分は自由参加らしい。

登録は早めに行なわないと駄目みたいだ。

雇用保険が支払われるまでの日数2009年06月10日 11時20分11秒

ペンシルバニア州では雇用保険の入金を銀行振込に出来る。銀行振込だと、申請した二日後には既に入金が確認できる。

ペンシルバニア州では失業保険の申請が終わった後に、二週間毎の支払いの申請を行なう必要がある。これを行なわないと、失業保険の給付金は支払われない。また、システムは夜十時を持って締め切られる。それ以降に作業が終わると受け付けなくなるみたいだ。システムにも九時半前にログインされていないといけない。

給付金は一日置いた次の日には入金が確認できた。月曜日に申請すると、水曜日には入金が済んでいる算段になる。

アメリカの銀行間の振込も二、三日掛かるので、雇用保険の支払いはそれ並に早いことになる。

英文履歴書の書式2009年06月09日 12時26分58秒

日本のほぼ書式指定の経歴を羅列した履歴書とは違い、アメリカ式の履歴書は自由型だ。ここに自分を売り込むための宣伝文句を並べて作る。自分を売り込むための重要な項目なのだ。

そのため、自由型と言っても売り込むための書式としては逆に二通りしかない。他にもいくつか存在するのだが、効率よく限られた紙面で売り込むのにはこの二つしかほぼ無いようだ。一つ目は経歴を逆順に並べた chronological resume。この書式は同じ分野の仕事を探すときに使われる。もう一つは能力を並べた functional resume。こちらは違う分野に新しく転職をする。

chronological 型は、過去の職歴を最新のものから古いもの順に並べていく。同じ様な職を探すのには、最近の業務内容を売り込んだ方がいい。また書き込む内容も、役割や作業内容などと具体的に記述する。

それに引替え、functional 型は職務に必要だった要素を書き並べ、それを修飾するような形で実際の内容を並べていく。新しい分野での仕事を探す時に使う書式だそうだ。実際に例を見比べると全く異なって見える。

他も細かく調べると、この二つ以外にも幾つかの形も存在するようだ。書式が自由なのに決まった型があるのは、雇用する側の意向が大きいそうだ。一つのポジションに何十枚と履歴書が届くので、この形が見やすいこと、同じ形で書かれていればデータベースなどに入れておきやすいなどといった利点があり、この様な書式になったとの事だった。

英文履歴書の目的2009年06月08日 21時56分47秒

日本のほぼ書式指定の経歴を羅列した履歴書とは違い、アメリカ式の履歴書は自由型だ。ここに自分を売り込むための宣伝文句を並べて作る。自分を売り込むための重要な項目なのだ。そのため、自由型と言っても売り込むための書式としては逆に二通りしかない。他にもいくつか存在するのだが、効率よく限られた紙面で売り込むのにはこの二つしかほぼ無いようだ。

日本の経歴書では全てを列挙されるのが基本かも知れない。しかし、アメリカ式の履歴書では、自己の売り込みが目的なので、何年も前の既に過去の物になってしまっている勤務地や職務、その他にも自分にとって不利になる内容はわざわざ書く必要が無い。

だらだらと書き連ねるのではなく、要点を絞って簡潔に記述するのが重要になる。ある項目を書こうかどうか迷った時は、自分に取ってプラスになるかを考えるようにすればいいとの事だ。

履歴書の添削を受けた2009年06月05日 11時14分51秒

履歴書の添削を受けてきた。専属のカウンセラーと一時間枠で会えるのは二週間以上先らしい。それより先に見てもらえないかを尋ねたら、三十分だけだったら時間が取れるとのことだったのでお願いした。

基本的な履歴書の書き方は知っている。総合的にはよく書けていると言ってもらったが、色々と細かい指摘は受けた。各々の指摘事項は小さいことなのだが、積み重なっていくと大きな違いになる。

三十分だけだったが、だいぶ参考になった。細かい技は折々紹介していきたいと思う。

準備開始2009年06月01日 12時23分49秒

Lee Hecht Harrionによる、再就職のサポートが会社から提供されていた。今日初めての説明会があった。

既に利用した人達の話を聞くとあまり役に立たないのと評価が多かったが、そこまで悪くは無さそうだ。特に履歴書の添削など、早く受けたいところだ。

再就職に向けての作業を十段階に分けた活動の手引と履歴書の添削が気になる内容だった。アメリカに住んで随分と経つが国民的、言語的に考え方が異なる部分があるため、そこら辺りの慣習などを習える点が自分にとっては大きい。

各個人に対し専属のカウンセラーが付くが、時間が取れるのは二週間に一度ぐらいのようだ。後は、オンラインや講習、電話を用いた講習などが主なサービスの様だ。

Third Party Recruiter に会う2009年05月20日 23時36分35秒

今日、リクルーターに会ってきた。日本語だと何だろうか。エグゼクティブリクルーター等という言い方もみたことがある。ある特定の会社で求人を行なっている人ではなく、求職者と企業の雇用を引き合わせるのを仕事としている人達だ。

学生時代の友人が知合いを紹介してくれた。時差ボケなどで連絡を取るのが遅れたので、時間が取れなくなるかも知れない可能性もあったが、今日時間を会わせることが出来た。以前はアメリカにある会社で、日本国内向けの就職を斡旋していたらしく、履歴書等をはじめアメリカ流のやり方の様らしい。

当初は一時間の予定だったが、最終的には二時間も話が出来た。簡単な自己紹介の後、職務内容や、やりたい仕事、楽しかった仕事等の仕事関連から、少し脇道にそれた雑談なども。私の履歴書に関しての助言や、これから本格的に就職活動を行なう上で、色々と疑問だった点や不安だった点を教えて頂き大変参考になった。

今週の予定 42009年04月28日 03時46分43秒

無職四週間目。風邪が長引いている。咳がなかなか止まらない。他の症状は無いのだが。

今週の主な目標。

  1. 日本へ一時帰国の準備
  2. 日本へ一時帰国

今週の半ばから一時日本に帰国する。幾つかの書類の処理、以前にお世話になった会社への挨拶、これからの就職活動の足掛かり、子供の日本語の勉強と日本の環境体験が主な目的だ。

特に子供の成長が著しいので、いい経験になると期待している。

本格的な就職活動を延期2009年04月26日 13時02分52秒

斡旋会社から連絡がやっとはいってきたので履歴書をすぐに終わらせようと思っていた。しかし、調べてみるとこのサービスを受けられるのは一ヵ月との事だった。

サービス開始の数日後には、日本に三週間の渡航予定なので実質的に何も利用できない事になる。そこで、サービスの利用開始を一ヵ月遅らせて六月からにした。

履歴書の校正が一番期待していたので本格的な就職活動は延期になってしまう。