横浜であかいくつの搭乗券を買って一周2018年06月26日 07時29分33秒

旧友に会うために週末に横浜へ出かけた。横浜は結構遠いので少し早めに出て、観光を計画。千葉の奥からだと、東京湾アクアラインを通った方が渋滞を避けられるので早い。自宅を出て、圏央道を使い、木更津を通過して、アクアラインを通った。

過去の経験から言うと、週末の午前中は横浜方面からの海ホタルの方が混みやすい。昼頃になると、駐車場が埋まっていた。それに比べると、木更津からの千葉方面からは、昼前でも結構空いている。逆に夕方になると、千葉方面からが混むようだ。

日曜日の朝は雨模様。天気予報では昼からは晴れるとあった。まだ、自宅を出たときには雨が降っていて、横浜に着いてからも結構降っている。

横間は全く土地感がないので、駐車場を探すのに手間取ったが、まあまあの場所に何とか入れることができた。最後の数台のスペース分だったらしく、ぎりぎりだった。

あかいくつバスで一周する予定だったので、ある程度調べておいた。特に便利だったのは、市内のホテルで扱われていた事。地下駐車場を出て、道路を挟んだ向かい側にホテルがあったので、入って地図を見せてもらってからフロントで注文。簡単に購入できた。大人500円、子供250円で一日乗り放題の券を購入。

中華街に行きたいのだが、どちらに行けばいいのか分からないので、とりあえず先に走って来たバスに乗ってみた。すると逆向きの、桜木町駅に来てしまった。回送のバスだったので、一旦降車してから次に来たバスに乗り直した。

結構道が混んでいるのと、信号が多いこと、バス故のより道があって、結構移動に時間がかかる。桜木町駅から中華街まで三十分ぐらいかかった。中華街を少し歩いて軽食を取った後に再びあかいくつのバスへ。桜木町駅の方に戻るのに結構かかって、四、五十分ぐらいかかって戻っていった。

御墓参りの後にワンピースタワーへ2018年06月25日 11時34分56秒

日本には三週間程居る予定。子供達は平日は学校に通うので、お出かけできるのは、それこそ週末のみ。しっかり二連休を取れる週末は二回しかないので大忙し。

娘がワンピースが好きで、去年行ったワンピースタワーにもう一度行きたいとの事。娘が何かをやりたいと主張するのは珍しい。

子供達はまだ時差ボケの関係で起きる時間は早い。どうせ起きているので、午前中に母の墓参りへ。早起きだったものの、車の揺れで心地良くなったようで、寝てしまった。津田沼に八時半に到着。車が止まるとすぐに目を覚まして、元気に動き出した。天気は曇りで、予報では昼からは雨。線香をあげて、回りを少し散策してから、東京に向かった。

時差ボケのおかげで、ワンピースタワーにはほぼ開館時間到着。丁度雨が降り始めた。ワンピースタワーは去年一度回ったにもかかわらず子供達は楽しんでいたようだ。特に息子はウソップの射撃に熱中して攻略して、そげキングのお面を三個も取得した。相変わらず、ロビンのポーネグリフは難しかった。

三時頃になると疲れも出てきた様で、子供達が家に帰りたいと言い出した。朝からは結構空いていたが、二時、三時頃から人が増えてきて、待ち時間が長くなってきていた。待ち時間も少なく結構回って楽しんだようだったので、帰宅。

子供達は帰りの車でも昼寝をした。色々濃密な日程だが、車でちょこちょこ寝ているので、なんとかこなしている。

日本で学校に通い始めた2018年06月23日 20時02分57秒

日本に着いて、一日目の朝は早かった。寝不足と時差ボケで、眠いながらも朝早くに起きた。

娘は夜中に二時間ぐらい目を覚まし眠い模様。登校時間に起きていたので娘は、先生に挨拶だけしに行くことにした。去年の二学期に一週間だけ、御邪魔したので全くの知らない顔ではないが、恥ずかしがり屋の娘は学校に行きたくないようだ。

息子は、飛行機で寝なかった分、ぐっすりと寝て朝起きてきた。息子は、到着前から学校に行く気満々で、帰国翌日からしっかりと学校をこなしてきた。

二日目は、子供達と一緒に登校。娘はもじもじとためらっていたが、意を決して校舎に入って行った。二日目は二人とも御満悦。一年ぶりの再開に、歓迎されたようで、娘も行きたくないとは言わなくなった。

まだ、時差ボケが残っているのと、普段とは違った環境で疲れるようで、八時には就寝する。

日本到着後にすぐに学用品を揃えに2018年06月21日 12時41分17秒

カナダ経由で、日本に到着。カナダ経由は、カナダの入管を経由する。カナダの空港は、結構空いていてゆっくりできるのと、ニューヨークの JFK を回避出来るので、結構使いやすいと思う。

今回は成田空港に三時前に到着。子供達はすぐに学校に通い始める予定なので、空港からの帰り道に、イオンに寄った。息子は車の中でそのまま寝ついた。息子は飛行機の中でずっと映画を見ていた。娘も沢山映画を見たが、三時間くらい寝たので、車では寝なかった。

店で上履き、水泳用のバスタオルに、箸などの小物を購入。その後、子供達の希望で、銚子丸で食べて、家に向かう。

子供達は疲れていたようですぐに、寝ついた。

これから日本に一時帰国2018年06月19日 12時14分40秒

子供達も大きくなって、小学校の高学年。中学校に入ったら、日本の学校に入れるのも難しくなりそう。今年は早めの時期のチケットが少し安めで出ていたので、年始の頃に予約してあった。今回もカナダ航空でカナダ経由。

アメリカの現地校はもう夏休み。まだ、日本の学校は一ヵ月残っている。ここから、三、四週間ぐらい休暇をとれると、三週間は日本の学校に行ける。

バレエの発表会2018年06月18日 12時37分31秒

バレエを続けてはや何年。発表会の季節がやって来た。開始前の準備などは既に慣れたもの。友達と一緒に出て行って、先に準備をしていた。

バレエは、低年齢で辞めていく子どもが多い。低年齢層は顔ぶれが入れ替わりが早いが人数も多い。高学年になると、好きで続けている人が多くなり、既に見慣れた顔ばかり。それぞれ、成長はしているのが見てとれる。

いつもはポートレートの設定を主体で Nikon COOLPIX L840 にて写真を撮っていたのだが、全体は暗く舞台だけ明るい会場ではぶれた写真ばかり。シャッターを開いている時間が長いため体が流れている写真になる事が多い。また焦点を合わせるのに時間がかかり、写真が思ったところで撮影出来ない。。今回はパーティー用の設定にして撮ってみたら、焦点合わせの時間とシャッタースピードが短くなって、全体的に暗い会場でもブレ線がほとんど無くなった。

自転車のタイヤがパンク2018年06月06日 22時40分40秒

自転車の後輪に大きな釘が刺さってしまった。久しぶりのパンク。チューブを交換した。

雨の為の室内運動会2018年05月20日 11時20分38秒

今週の土曜日は子供達の日本語学校の運動会だった。この時期は、雨の日が多め。今までは、前日に雨が降ったり、午前中に小降りだったりなどは何度かあったが、今年は朝から大雨で、外での開催は無理だった。

元々授業日数も少ないため、雨天延期も難しい学校の日程。子供が入学してから初めての室内運動会となった。体育館は無いのだが、広めの講堂で、一部の種目を行ったようだ。室内で狭いので今年は保護者は未参加。子供達の報告によると、障害物競争と玉入れは行ったそうだ。例年では、さらに綱引きとリレーなどが加わる。

娘は障害物競争で一位を取っていた。兄妹揃って今年は白組だった。残念ながら今年は敗北。室内の運動会で子供達の様子が気になっていたが、それでも精いっぱい頑張って楽しんでいたようで、他の子供達も含めて笑顔で一杯だった。

昼食も、御弁当を持ち込んで室内で。毎年一緒のご家族と一緒に座ったが、娘は得に仲の良い友達達と一緒に座っていた。昼食後に、合同ダンスを保護者に披露して、運動会は閉幕となった。運動会は短縮だったようで、いつもよりも一時間半は早い、二時の終りとなった。

息子は級友を自宅に呼んで、ゲーム三昧。娘は友達を呼べなかったが、大好きなバービーの映画を見られて御満悦だった。夕方になってお迎えがきて、お開きとなった。

車のタイヤに大きな釘が刺さった2018年05月07日 13時59分05秒

大きな釘が刺さって、空気が抜けた後
自宅に車で帰ったら、大きな災難。子供達が土曜日の日本語学校が終った後に、公園で遊んで、その後に、図書館に寄ってきた。疲れていたみたいで、帰りの車の中で寝てしまった。

家についてから起こさなさない様に、静かに車から荷物を取っていると、シューという不吉な音が聞こえた。耳を澄ませてみると、やはり聞こえる。後部の方からだった。丁寧にタイヤを見回すと大きな釘が刺さっていた。そこから、シューと空気の抜ける音がする。まだ、タイヤに空気が残っていたので、釘が刺さったのは結構近場だったのだろう。すでに、土曜日の夕方だった。取り敢えず、駄目元で一番近くのタイヤ整備の所に出向いてみたが、既に閉まっていた。

日曜日には整備所はどこも閉まっているので、月曜日の早朝に持って行く事になりそうだ。

娘も自転車を2018年04月30日 13時26分39秒

ここ、一ヵ月程娘が自転車に夢中になっている。一年前に練習をして、乗れるようにはなったが、興味は示さなかった。一ヵ月程前に友達の家で乗らせて貰ってから、俄然やる気が。

日曜日は前夜の雨で肌寒い一日だった。薄いジャケットを羽織って、公園へ。マンハッタンのわきを流れるハドソン川沿いのコースは登りが大変だから行きたくないと言う。そこで、近場の公園で。

前日の雨で大きな水溜りが出来ていた。そこを自転車でつき抜けて遊ぶ。タイヤの跡が面白いようだ。二時間近く自転車に乗っていた。