就きたい仕事から英文履歴書を書き始める2013年09月23日 13時08分59秒

英文履歴書は難しい。何が難しいのかと言うと書式が決まっていないから。そして、自分を売り込むための物だから。簡単に書ける人達がいたとしたら、元々が売り込むのが商売のセールスぐらいであろう。日本語で英文履歴書を書き方を解説する本やサイトは多々あるがあまり要領の掴めない人達も多かろう。

英文履歴書に書式は無いが、自分を売り込むのに優れた書式など多種多様にあるわけではない。アメリカでも、履歴書に適した書式は、三つと言われる。しかも、そのうちの一つが大多数を占めるのが現状だ。

売り込むための書類なのだから、それを見て買い付ける人達がいる。何も履歴書を書くのに小説家になる必要は無いのだ。そして、履歴書は新しい職を探すのに使う。

すなわち、第一に就きたい職の求人を探す。そこには、どの様な能力と仕事内容だかが書いてある。特に、現在やっている仕事と重複しているものは特に重宝する。そして、第二に現在の職の求人を探す。ステップアップを目指すと、現在の自分に似ていないものも拾ってしまう。自分を語るために、今の自分に近いものを探すのだ。第三に、それらを真似つつ、成果や実際の数値を上げつつ肉付けをしていけば良い。これらを元に書き始めれば良い。目標とする職種が似ているようだったら、書きやすい。ちょっと違った分野を狙っているのなら、現在の職に近いものを元に、更に幅を広げていく。

Software Engineer で適当に探すとこの様なものがあった。

  • Design and develop new components or client’s integrations according to specifications created according to the client business rules.
  • Lead other software engineers in their development and testing efforts, including the assignment of tasks, monitoring of progress and management of code review sessions.
  • Provide diagnostic support for existing integration applications.
これを元に、Designed and implemented… 等のように書き出しで始める。この例では、顧客の要望に合わせて等ととても抽象的なので、これを具体的な成果に書き換えていく。例えば、在庫管理システムを作って、顧客の在庫管理にかかる費用が半分になったとしたら、designed and implemented new inventory system and reduced costs by half compare to their last system 等の様に飾り付けていく。

書道では、手本を真似て書くことから始める。履歴書もそれと同じで良いのだ。実際の職探しには、景気や流行りなどもあるので、履歴書を書けばすぐ仕事が見付かると言うわけでは無いと思うが、一筋の光明になればと思う。

未経験者の英文履歴書の書式2009年09月24日 14時33分48秒

未経験者の Resume の書式がある意味一番難しい。経験もないのに自分がどれだけ使える人材だかを売り込まなくてはいけないからだ。その為、仕事を行なう上での目標、目的を述べる Objective が最初にくる。
  • Objective
  • Experiences
  • Education
  • Activities
アルバイトやインターンの経験を並べたり、その他校外活動なども羅列するなどして、技術よりも人を売り込む形になる。

IT 技術系経験者の英文履歴書の書式2009年09月23日 00時49分27秒

IT 技術系経験者の Resume の書式は、基本的に経験者と同じだが、自分の分野と専門知識を全面に出す部分が異なっている。その他の部分は基本的に同じになる。
  1. Summary
  2. Techinical Skills
  3. Experiences
  4. Education
ここでは IT 関連の技術者を取り上げているが、基本的に同じ役職名であっても、実務の内容が技術的に違っていたら通用しない人達がこの形を使う。Technical Skills を全面に持ってくるのは、自分の分野を明確に示す為だ。

IT 分野では、プログラムが出来たとしても言語が違ったり、サーバ側とクライアント側等と違ったりすると、取り合ってもくれない。

経験者の英文履歴書の書式2009年09月20日 10時20分49秒

経験者の Resume の書式は業務経験を全面的に押し出す形になる。
  1. Summary
  2. Experiences
  3. Education
  4. Techinical/Computer Skills
今までの経験を要約した Summary で始めて、実務経験を並べる。その後に学歴を並べる。必要と思えるのであればコンピュータの経験も添える良い場合も。

Resume の書式2009年09月19日 03時08分45秒

英文履歴書を書くのには経験と分野によって、大まかに分けて三通りの逆時系列式の書式がある。 逆時系列の書式は経験者が同じような職を探すときに使う書式で、求人側もそのような人を 求めるのに見やすいのでよく使われる。

未経験者は、元々書くことが少ない。学歴を重点に置き、履修科目やその他の活動を主にして書くことになる。また、Objective の様に本人の希望や目標等も重要になってくる。Objective を履歴書に書くのは経験の無い者がやる気を見せる為だ。なお、アルバイトやインターン等の非正社員として働いた経験も英語では載せる事が出来る。しかし現実的には一、二年程度の経験では、実用的な経験としては未熟な為、雇う側からしたらあまり重要視されない傾向も見られる。

それに引替え、経験者は前職の経験がどれだけ新しい職場で生きるかを売り込む事になる。そこで、職歴とその成果を主眼にして履歴書を書く。コンピュータの利用経験などは技術者程重視されないので、一番最後か別途準備するぐらいで用は足りる。

技術者も経験者なので、基本的には経験者の書式に沿う。しかし、IT 系を筆頭とした技術者はコンピュータ言語が違ったり、サーバ側やクライアント側、その他諸々の要素が大きく影響してくる。そのため、Techinical Skills を実際の経験を述べる Experiences の前に置く。求職者も求人もこの内容を一番に最初に見るので、頭の方に目立つように置く。どんなに前職で優れたとあっても、求人側の条件が異なっていると優先度は落ちてしまう。

英文履歴書の枚数2009年08月29日 05時20分24秒

アメリカは自由書式だという名の元に定型の書式がある。そして、次に気になるのが頁数になる。

頁数で分けると、一頁、二頁、それ以上の三種類となる。一般的に、仕事を探すのに使う履歴書は二頁に納めた履歴書を使う。一頁の履歴書は自己紹介の変わりに使う時にぐらいした用途が無い。それ以上の頁数になると、特殊用途に限られる。つまり細かく書き出した履歴書を準備するように言われてたときだけ。それ以外では、逆効果になる。

仕事探して一番一般的なのは二頁の履歴書だ。それなりに経験を積んでくると簡潔にまとめつつも、具体的な内容、ある程度細かい業務を書くのに二頁は必要になる。まず大切なのは、採用担当者の気を引くような書き出し。まず、そこで絞られる。ある程度一致した時のみに、その後の細かい職歴や業務内容等に目が通されるようだ。なお、一枚に一頁ずつ印刷し、二枚の履歴書はホチキスで留める。

それに引替え、新卒生や経験の浅い者は逆に一頁に収める。インターンシップ等があったとしても、二枚も埋める程の業務内容などは無いに等しい。それよりも、一枚にまとめておいた方が一目で見ることが出来、離れて無くなったりしないので扱いやすい。また経験が一年、二年程度であったら、二頁にのぼる程で無いようだったら、見やすさの点で勝っていると思う。しっかりと経験を積んだ者が一頁に収めようとすると、逆にあらすじだけになってしまい、その人の能力をうまく表せない履歴書になってしまう。経験豊かな人の一頁の履歴書は、記事などで紹介の変わりとしてあげられているものぐらいしか見ない。

三枚以上になると、一般的な状況では評価を下げることになる。自分の職務内容や経歴を二頁にまとめることも出来ない人との事だ。人事部の採用担当者は、何十、何百と履歴書に目を通すので、どんなに長く書いたとしても、見ないで捨てられてしまうそうだ。しかし、ごく稀に長い履歴書を要求してくる会社がある。手掛けたプロジェクトの概要から実際に用いた手法、結果などを事細かく書かれた物を要求されるのだ。一つ一つを書いていくので、何頁にも及ぶ履歴書が出来る。書くのにもやたらと時間がかかるので、恐らく要求されるまで準備する必要も無いと思う。準備するように言われても数日ぐらいの猶予は貰える。二頁に収めると、人事部の採用担当者がある程度分る内容で、実際に採用する部門の担当担当者に売り込む内容が書ける。しかし、その売り込むだけでなく、実際にやってきた業務を逐一見たい会社もあるようだ。

Software Engineer と Systems Engineer は全く違う2009年08月27日 11時02分02秒

残念ながら、まだ新しい就職先は見つかっていない。やはり、未曽有の低求人率と求職者のせいで、門前ばらいが多い。

アメリカでは役職を頭文字だけで略すことはしない。日本だと SI だの SE との言葉を見るがアメリカでこの様な事を言う人は一人もいなかった。しかも、これだと S が Systems の S なのか Software の S なのか全く分らない。

以前に調べたがやはり仕事を探しているうちに、この仕事はまったく別なのを確認した。Systems Engineer はどちらかと言うとシステム管理者としての役割が強く、システムのハードウェアの構成や、使うソフトウェアの設定と調整を主にする仕事になる。それに引替え、Software Engineer はソフトウェアを書くのが仕事になる。運用まで扱う Software Engineer だと、ミドルウェア等の設定なども自分達で行なうが、各サーバのハードウェアの設定やネットワークの設定などまでは面倒を見ない。

software XXX の違い2009年06月18日 00時15分08秒

Software Engineer、Software Developer、Systems Engineer などの役職名は、Information Technology の分野で良く見かける。今回、履歴書を書くに当たって、どのように違うのかが気になったので、wikipedia で調べてみた。

A software developer is a person or organization concerned with facets of the software development process wider than design and coding, a somewhat broader scope of computer programming or a specialty of project managing including some aspects of software product management. This person may contribute to the overview of the project on the application level rather than component level or individual programming tasks. Software developers are often still guided by lead programmers but also encompasses the class of freelance software developers.

Other names which are often used in the same close context are software analyst and software engineer.

Software Developer は基本的にソフトウェアを開発する人達。Sofware Analyst や Software Engineer とほぼ同意だと説明している。

A software engineer is a person who applies the principles of software engineering to the design, development, testing, and evaluation of the software and systems that make computers or anything containing software, such as chips, work.
Software Engineer とはソフトウェア工学を応用し、ソフトウェアを開発する人達だとある。

Systems engineering (also known as Systems design engineering) is an interdisciplinary field of engineering that focuses on how complex engineering projects should be designed and managed. Issues such as logistics, the coordination of different teams, and automatic control of machinery become more difficult when dealing with large, complex projects. Systems engineering deals with work-processes and tools to handle such projects, and it overlaps with both technical and human-centered disciplines such as control engineering and project management.
Systems Engineer の wikipedia での説明は、システムの全体的な設計と調整みたいな感じの説明になっている。しかし、仕事を探すなかで各々の仕事の業務内容をみると、システムの管理者的な意味で使われていることも多い。

Exit Statement2009年06月12日 18時46分32秒

さて、仕事を探すときに exit statement を準備するように言われた。プログラムの exit ではない。簡単に言えば「離職の理由」だ。履歴書自体にはあまり関係は無いが、よく使われる。

レイオフなり、自主的なりそれなりの理由はある。それを簡潔にまとめたものを exit statement と言う。仕事を探すに当たって、なぜ仕事を探しているのかを切り出すのに使う。また、面接などでもなぜ仕事を探しているのかを聞かれるので、その練習でもある。

なぜ仕事を探しているのか、また何故辞めたかは、よく聞かれる質問なので準備しておくと便利だ。

英文履歴書の書式2009年06月09日 12時26分58秒

日本のほぼ書式指定の経歴を羅列した履歴書とは違い、アメリカ式の履歴書は自由型だ。ここに自分を売り込むための宣伝文句を並べて作る。自分を売り込むための重要な項目なのだ。

そのため、自由型と言っても売り込むための書式としては逆に二通りしかない。他にもいくつか存在するのだが、効率よく限られた紙面で売り込むのにはこの二つしかほぼ無いようだ。一つ目は経歴を逆順に並べた chronological resume。この書式は同じ分野の仕事を探すときに使われる。もう一つは能力を並べた functional resume。こちらは違う分野に新しく転職をする。

chronological 型は、過去の職歴を最新のものから古いもの順に並べていく。同じ様な職を探すのには、最近の業務内容を売り込んだ方がいい。また書き込む内容も、役割や作業内容などと具体的に記述する。

それに引替え、functional 型は職務に必要だった要素を書き並べ、それを修飾するような形で実際の内容を並べていく。新しい分野での仕事を探す時に使う書式だそうだ。実際に例を見比べると全く異なって見える。

他も細かく調べると、この二つ以外にも幾つかの形も存在するようだ。書式が自由なのに決まった型があるのは、雇用する側の意向が大きいそうだ。一つのポジションに何十枚と履歴書が届くので、この形が見やすいこと、同じ形で書かれていればデータベースなどに入れておきやすいなどといった利点があり、この様な書式になったとの事だった。