鍋と段ボール箱を日向に放置して自家製納豆2020年08月07日 12時27分15秒

鍋と段ボール箱を日向に放置して自家製納豆

納豆は茹でた大豆に納豆菌を繁殖させると出来る。

要約するととても簡単だが、実際に作ってみようとすると難しい。発酵させる温度を長時間維持して、丁度良く発酵させるのが難しい。

何度か試したが失敗続きだったので、諦めていた。以前にした失敗は、だいたい発酵が足りない物だった。また、温度を保持しても熱を逃さない様に蓋をしたり、タオルで覆って湿っけをとったりしもしたが、往々にして、水っぽくなって失敗していた。

最近は、以前にもましてよく鍋を使ってご飯を炊く。ふと、この鍋を高温の中に置いておくのに使えないかと思い立った。そこで実験。

加えて、最近暑い日が続く。庭にプールで遊ぶときも熱い日射しを肌で感じる。この暑さを使って、細かい温度調整など気にしなくてもいけるのではと。

  1. 大豆を一晩水につけて、ふやかす。
  2. 大豆を圧力鍋で茹でる。
  3. 大豆を鍋に移し、既成の納豆を数粒いれる。
  4. 日当たりの良い所に段ボール箱を置く。
  5. 丸一日放置。まだ、発酵が足りないようだ。
  6. 二日目も日当たりの良い所に放置。
  7. 半日経った昼過ぎに見ると、若干水分が多い。そこで、虫などが入らないような網の蓋をかぶせて、更に日当たりの良いところで放置。
  8. 瓶に移して、冷蔵庫で休ませる。

最後の作業で余分な水分が飛び、今までと違って水っぽさが無く、また納豆も白く粘っている。見た感じも以前とは変わって良さそうだ。

惜しむらくは、うまくいく確信はなかったので、写真を撮らなかったこと。試食して、よかったら今度は記録をしっかりと取りたい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2020/08/07/9276261/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。