明けましておめでとうございます2017年01月01日 13時32分15秒

明けましておめでとうございます。細々とではありますが、何とかブログを続けています。子供達の成長を見ていると、自身が子供の時には、自分で実感の無かった、「継続は力なり」の成果と効力を感じるようなりました。それこそ、子供の頃は変わり続けるのに忙しかったのでしょう。変化の減った大人になって、子供達の変わり方を見てつくづくと思います。ここも、細く永くで続けていこうと思います。

穏やかな元旦2017年01月02日 07時03分14秒

一月一日は、風もなく、冷え込むわけでもなく過ごしやすい一日だった。大晦日の夜は、例年に比べて暖かかった様に感じた。ニューヨークのカウントダウンは少しは楽そうだ。

折角なので、近くの自然公園へ散歩。あまり期待はしてはいなかったのだが、池が凍っていた。岸のところは融けていたが、真ん中はある程度しっかりしていて、息子が投げた木の棒は滑べって行った。

麓まで下りるつもりが、子供達の気ままにまかせて進んでいたら、途中で折り返してしまった。予定より三十分ぐらい短かったが帰路についた。二時間程散歩をした。

Nikon Coolpix L840 の H 連写と L 連写2017年01月04日 15時15分52秒

子供達が動いている時の写真をもっと綺麗に取りたいと考えている今日この頃。焦点を合わせるのに時間が掛かって取りたい瞬間を逃している。子供達が走っているので、折角焦点が合っていた時でも、顔や体が線を引いている。これに対処する方法として連写が使えないかとカメラを見てみた。

カメラには「H 連写」と「L 連写」とあるが何なのだか説明が無い。「H 連写」は一秒七コマで七コマまで。「L 連写」は一秒二コマで七コマまで。L840 の日本語の説明書に詳しく書いてある。

NDIS に変更が行われたのは 2015 年の夏2017年01月05日 12時54分41秒

NDIS が FreeBSD 11.0-RELEASE から使えなくなっている。current メーリングリストで、テスト募集中とあったのを見た覚えがあったので、見返してみた。メールは 2015 年の夏だった。どうやら一人だけ、テストをしてみようとした人はいたみたいだったが、動作するデバイスを持っていないようだった。

当時は当該機 も current を使っていなかったので、目に止めただけだった。これに返信しても、返事が貰えるかは定かではないが、とりあえず駄目元で返信を試みた。

さらさらの雪2017年01月09日 13時34分04秒

土曜日は雪の日だった。金曜日から冷え込んでいて、土曜日と日曜日は気温が摂氏零下五度ぐらい。二重窓でも、窓から冷気が流れて来るのを感じる。

冷え込んでいるので、土曜日の雪もさらさら。風で舞い立ち、さらさら過ぎて雪だるまも出来ず、雪玉も作れない程。日曜日に雪かきをしながら外で遊ばせた。

月曜日の通勤は、雪が残っていたので、若干手間取った。路面凍結で閉まっているだろうと踏んでいた、ジョージワシントン橋は開いていた。

冷え込んだ日が続いている。

FreeBSD に openssl SA2017年01月15日 14時19分31秒

2017 年の FreeBSD Security Advisory の一番目は FreeBSD-SA-17:01.openssh

OpenSSH の複数の脆弱性。全てのバージョンが対象となっているが、昨年末で、幾つかサポートの対象から外れたリリースがあるので、11.0-RELEASE と 10.3-RELEASE にのみ修正が発行。

自転車のチェーンが錆びる2017年01月20日 14時23分33秒

ニューヨークでは先週末に雪が降った。週末の雪だったので、今週の通勤は自転車で出来た。まだまだ、路端に雪は山になっていたが道路は使えるようになっている。

塩が大量に撒いてあるので、帰宅時には既にチェーンが錆びていた。こまめに油をかけて滑べりを良くし、ある程度走ると錆びは落ちていく。朝と夕方で錆が進行して、朝方にある程度落すのを何回か繰り返した。

雨で、雪と塩が流れないと道路は綺麗にならない。

FreeBSD の各種デバッグオプションを有効にし NDIS を観察2017年01月22日 12時52分06秒

NDIS が 11.0-RELEASE になって動かないが、あまり有効な手段を見付けられないので、取り敢えず FreeBSD の各種デバッグオプションを有効にして、カーネルを作ることにした。何らかのヒントが出てくれれば良いのだが。

カーネルの設定ファイルは他のものを読み込むことが出来る。

% cat /usr/src/sys/i386/conf/DEBUG 
include GENERIC

ident           GENERIC-DEBUG

#options        DEADLKRES               # Enable the deadlock resolver
options         INVARIANTS              # Enable calls of extra sanity checking
options         INVARIANT_SUPPORT       # Extra sanity checks of internal structures, required by INVARIANTS
options         WITNESS                 # Enable checks to detect deadlocks and cycles
options         WITNESS_SKIPSPIN        # Don't run witness on spinlocks for speed

options         DDB
options         KDB
include で GENERIC カーネルの設定を読み込み、DDB/KDB、INVARIANTS と WITNESS を有効にして、buildkernel KERNCONF=DEBUG。

再起動後に、ndis を試すと、ロックのエラーが表示された。

kernel: panic: mtx_lock() of spin mutex network driver @ /usr/src/sys/modules/if_ndis/../../dev/if_ndis/if_ndis.c:1849
kernel: cpuid = 0
kernel: KDB: stack backtrace:
kernel: #0 0xc0c81d3f at kdb_backtrace+0x4f
kernel: #1 0xc0c3f1d5 at vpanic+0x115
kernel: #2 0xc0c3f0b9 at kassert_panic+0xd9
kernel: #3 0xc0c1e3c3 at __mtx_lock_flags+0x183
kernel: #4 0xc73b4d08 at ndis_start+0x38
kernel: #5 0xc73b1021 at ndis_starttask+0x21
kernel: #6 0xc6ceaea1 at _end+0x4f2afd1
kernel: #7 0xc0bffd6e at fork_exit+0x7e
kernel: #8 0xc119af50 at fork_trampoline+0x8

娘の小麦粉断ち2017年01月25日 14時30分45秒

娘のアレルギーが芳しくないので、小麦粉製品を極力避ける様にする事にした。

月曜日は学校でピザの日なので、これは容認。それ以外はお米を中心に。弁当はサンドイッチやパスタ、朝はパンなども多かったので結構大変そう。

他にも麺類やお好み焼きや餃子などといった粉物も小麦粉が入っている。これらを抜きで、子供達が好きな献立と言うと随分と減ってしまう。

漢字検定の準備2017年01月27日 15時00分21秒

土曜日の現地校で、漢字検定が実施される。息子は小学三年生相当の、八級。娘は一年生の十級を予定。

やはり、土曜日に一日習うだけでは漢字はきつい。特に息子は日々の練習を嫌い、ほとんどやらない。どう見ても、実学年相当の七級の合格は不可能。流石に二年生の九級まで落すのは、受ける異義も疑問に。三年生の漢字も読めなかったり、書けないのも多いので、七級でもしっかり練習をしないと無理そう。

娘は一年生だが、漢字は全体的に苦手。書写は綺麗にやるのだが、字の形や読みが分からない事が多い。一人で書き写しても、効果が薄いので、読み聞かせながら。

息子は過去問で練習をすると自分の実力を悟ったようで、悔し泣き。今週は三年生の漢字の総復習と自発的に取り組む様にはなった。

試験は今週の土曜日。合格ラインは七十%とのこと。二人とも過去問の出来を見ていると問題次第。読める字も書ける字も増えたが、若干心許ない。