鯖の三枚おろしにして竜田揚げ2017年02月06日 13時12分36秒

アメリカではどの魚も一度は冷凍済みとの事。凍っていないのなら、既に解凍済みらしい。そんな理由もあって、魚を買うときはまるごと冷凍されている、鯖や烏賊を買ってきて冷凍庫に入れておくことが多い。

ここ何回かの焼き魚の火が強くて焦がしてしまったのと、最近子供達も飽きてきている様なので、竜田揚げに。

以前鯖の三枚卸を試したら、身が柔らかくて崩れてしまった。そして、どうせ冷凍製品。少し解凍されて身が硬い状態の方が、内蔵の処理もしやすかった。それを応用して、凍ったままの鯖を骨に沿って身を切りぬく。

カチンコチンではなく、身を触ると硬いが、体を曲げるとそれに応じて曲がりそのままの状態になる程度の硬さ。硬いシャーベットの様な感じか。骨を削らない程度に、一気に包丁を入れると、角の立った綺麗な身が取れた。

それを一口大の大きさに切り、生姜、酒、醤油の調味液で更に解凍しつつ漬け込む。片栗粉を纏わせ、油で周りがカラリとするように揚げる。

ニューヨークは大雪警報2017年02月09日 12時14分42秒

ウエストバージニア州、ペンシルバニア州からニューヨークの北のコネチカット州まで大雪の予報。現地時間の八日深夜から九日の夕方にかけて大雪警報がでている。十五センチから三十センチの積雪が予想されている。

既に、八日の夜中だが、まだ雪は降っていない模様。夜からの大雪警報がでているのに比べて、昼間は暖かく、陽も射して良い天気だった。コートも無しでもいられる位の暖かさ。

去年の冬は厳冬で、平均気温が摂氏マイナス二度ぐらいで、氷点下でも零度に近ければ暖かい日だと思ったのに比べると、今年は暖冬。雪も少なくて、過ごしやすい日々が続いていた。さて、明日はどうなることやら。

サラサラの雪が積もった2017年02月10日 19時18分58秒

大雪警報の予報通りに大雪が降った。風が強くて、軽い雪。そのため、風に吹かれた所は、雪も積もっていない部分もあったが、吹き溜りには深く溜っている。また、横風が強かったので、窓の外の枠に雪が氷着し、五センチから十センチぐらいの雪が溜っている。外は、十五センチから二十センチといった当たり。

木曜日の朝の時点では大して積もってはいなかったが、強い風と共にまだまだ雪が降っていた。学校は既に前日のうちに休校との連絡が入っていた。出勤も大変そうなので、自宅にて仕事。

二、三時すぎくらいにはやんだようだったが、外は冷え込んでいたようだ。珍しく子供達も外には出たがらなかった。

氷の道路2017年02月13日 13時11分36秒

木曜日の大雪の後、金曜日と土曜日は比較的暖かな天気だった。若干道路の雪が解けて、移動が楽になってきたなと思っていた。

しかし、日曜日の朝から冷たい雨が降り始めた。かなり冷たい雨で、過冷却された雨粒だった様で、物に触ると凍り付いていた。そのため、電線や木々にはつららが、車や道路には厚い氷の板が出来てしまった。

二時過ぎには止んだので、外に金づちと小さい手斧を持って出た。玄関の前の階段部分の氷を割り、引き剥して除氷する。金づちの後ろの釘抜きの部分で引っかけると、バリバリと舗装道路から剥がれていく。スケートリンクのようにカチカチに凍っているので、危険。

C++ の宣言で = delete2017年02月16日 22時20分58秒

C++11 での新しい構文。関数宣言で「= delete」とすることで、明示的に、操作を禁止することが出来る。
class C
{
    C& operator=( const C& ) = delete;
    C( const C& ) = delete;
};
これはクラスインスタンスの複製を禁止する。

以前は、宣言のみをしてコンパイラの自動生成を抑制し、実装を行わずに、リンクエラーを起こさせて禁止事項だと伝えるのが精いっぱいだった。そのため、宣言の周辺にはコメントとして、意図的に実装していない故が、記述されていた。

class C
{
    C& operator=( const C& ); // no-copy
    C( const C& ); // no-copy
};

そろそろ税金の季節2017年02月17日 15時25分03秒

そろそろ、税金の季節。銀行やら各種金融期間からの申告用の手紙が届いてきている。一番の急ぎは、Philadelphia の税金分。あと、パスポートも確認しておかなければ。

Campgaw Mountain Ski2017年02月21日 12時55分11秒

Campgaw Mountain に家族で始めてのスキーに月曜日の祝日を利用して行っててきた。

自宅から三十分と近場で、今年は暖冬で雪が少なく暖かい日が多い。ここ、二、三日は摂氏十度を越えるとても暖かい日があったくらいだ。

車を走らせても、道にはほとんど雪が無い。公園内に入り、案内を辿って行くと、白い斜面の山肌があった。ほぼ、人工雪のスキー場の様だ。初心者から中級者ぐらいの斜面。リフトは二本で、右側は中腹で途中下車可能。隣には、スノーチューブの施設があった。

子供達は初めてなので、一応一時間程度のレッスンを受けてから。娘も息子も山の中腹からは、結構簡単に滑べり下りて来られるようになった。昼頃から、夕方までの予定。

一度、娘と共に頂上まで登って見たが、恐くてなかなか滑べれない。手を繋ぎつつ、ゆっくりと滑べって下りたら疲れたようで、一時離脱。その間に、息子と共に山頂へ。息子は、恐いながらも何とか進める。何度か転びつつも、数回教えて、繰り返すうちに随分と良くなってきた。

夕方の四時を過ぎる頃から、冷え初めて雪が少しづつ固まってさらさらとしてきた。四時半を廻るくらいで、娘が回復したみたいで、もっと滑べりたいとゲレンデに戻ってきた。その後、四十分ぐらい滑べって、疲れてきたようだったので帰宅。

車で三十分の距離でスキーが出来たので、日帰りで充分楽しめて良い施設だと思った。

FreeBSD 17:02.openssl SA2017年02月25日 10時13分34秒

またしても OpenSSL の FreeBSD-SA-17:02.openssl が出ている。対象は全てのリリースで、現在サポートされているのは FreeBSD 10.3-RELEASE と 11.0-RELEASE。

ペンシルバニアの Shawnee へスキーに2017年02月27日 13時30分55秒

先日にスキーを初めてやらせたら結構上達して、楽しそうに滑べっていた。そこで、今度は春休みの後半に少し離れた Shawnee まで行った。こちらは、ペンシルバニア州のポコノに位置する。ポコノの中でも一番ニュージャージー寄りで、州境の川を渡ってすぐに高速道路を下りて、少し北上したところにある。

天気は、快晴で暖かい。摂氏で十五度ぐらいはいっていたのではないだろうか。暑くて手袋をやると苦しいぐらいだった。ポコノ自体はあまり雪が降るところでは無い様子。こちらのスキー場も人工雪だった。コースを外れると落葉が地面に積もっているのが見える。

山は、先日の所に比べても多く、コースも広い。また、少し、難易度の高い中級者ぐらい向けのコースもある。最初のうちは、低いところで足慣らしを少しして、脇にある高い山の方へ移動した。

二人乗りのリフトに乗ると、五分ぐらいかけて登った。最初の頂上なのでなだらかなコースを選んで、麓までおりた。二人とも恐がらずにしっかりと下りられる。リフトの上から見えた左側の高速リフトに移動。こちらも四人乗りでほぼ似たような場所に下りる。やはり、高速リフトの方が処理能力が高くて人が少しくらい多くても早くさばける。また、同じ移動距離も半分の時間で済む。

一泊二日で行ったスキーはこの高速リフトを中心に滑べった。一部は、難易度が上がるので、子供達の疲れ具合をなども見ながらなだらかなコースと交互に滑べると、ほぼ問題なく滑べれる程度まで上達。

ここ数日の暖かい気温と残っている雪を見ると、もうシーズンは終りの様だ。今度の冬はスキーなども、もっと出来そうだ。

Reboot and Select proper Boot device or Insert Boot Media in Selected Boot device and press a key2017年02月28日 14時37分12秒

Samsung RV515 に入っていた Windows 7 の機械を壊してしまった。電源を入れると「Reboot and Select proper Boot device or Insert Boot Media in Selected Boot device and press a key」と出てきて何も起動しない。

実は、この機械は一度同じように壊したことがあった。当時は日記に書く余裕が無かったが、確か 2013 年の冬の事。それ以来この機種では気つけていたのだが。

取り敢えず落胆中ではあるが、今回は再発防止を含めてのメモ。

まずは、再現方法。

  1. FreeBSD の boot ローダの入った USB デバイスを繋ぎ、BIOS で USB を優先する
  2. F1 などの起動パーティションを指定するところで、内蔵ディスクを指す F5 を押す
といたって簡単に破壊できる。

復旧にはデータを失わないように時間をかけるのだが、修復方法はいたって簡単。 MBR のあるディスクの先頭 512 バイトをバックアップから書き戻す。この部分のバックアップをしていなければ、各種 Windows でのもっと複雑な復旧作業が必要になるだろう。