FreeBSD 13.0-RELEASE から 13-STABLE に上げたら zpool がクラッシュ2022年02月10日 12時45分05秒

FreeBSD 13.1-RELEASE の予定が発表された。後、二ヵ月程でのリリースになるらしい。

13 系はメインで使っているので、テストに参加。13.0-RELEASE から 13-STABLE に更新してみた。make world は問題なく終了。

仮想環境にインストール後の最初の問題は zfs。zpool がマウントの失敗。zpool import を実行するとプールが見える。しかし、zpool import プール名 を行うと zpool がそのままコアダンプ。どうせ仮想環境なので、何が壊れても被害がないので zpool import プール名を繰り返したら、数回後にマウントに成功した。

次回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2022/02/10/9462869/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。