FreeBSD のコードを git で取得2021年01月01日 14時12分32秒

FreeBSD が git に移行したので、git で最新のコードを取得。手元で変更を加えるが、コミットする予定は無い。コードの履歴を手元で調べることはほとんど無いので、余計な履歴を保持しないで、ネットワーク帯域とディスク容量節約型の使い方。

コードは FreeBSD 慣習の /usr/src に展開し、FreeBSD 源流を upstream と名付ける事にする。

% cd /usr/src
%% git clone -o upstream -b main --depth 1 https://git.freebsd.org/src.git .
Cloning into '.'...
remote: Enumerating objects: 84516, done.
remote: Counting objects: 100% (84516/84516), done.
remote: Compressing objects: 100% (72146/72146), done.
remote: Total 84516 (delta 18521), reused 48813 (delta 9267), pack-reused 0
Receiving objects: 100% (84516/84516), 258.15 MiB | 6.74 MiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (18521/18521), done.
Checking connectivity: 84516, done.
Updating files: 100% (81248/81248), done.
%
% ls
COPYRIGHT               bin                     sbin
LOCKS                   cddl                    secure
MAINTAINERS             contrib                 share
Makefile                crypto                  stand
Makefile.inc1           etc                     sys
Makefile.libcompat      gnu                     targets
Makefile.sys.inc        include                 tests
ObsoleteFiles.inc       kerberos5               tools
README                  lib                     usr.bin
README.md               libexec                 usr.sbin
RELNOTES                release
% git remote -v
upstream        https://git.freebsd.org/src.git (fetch)
upstream        https://git.freebsd.org/src.git (push)
% git branch -v
* main c3e89a30f copyrights: Happy New Year 2021
%
コードの取得と展開は一分で終った。ネットワークの位置とディスクの早さに大きく左右されるので、掛かった時間は参考のみに。

前回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2021/01/01/9332958/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。