十二月五日にFreeBSD セキュリティ勧告一件と不具合の修正六件がさらに出ていた2023年12月10日 10時43分46秒

セキュリティ勧告の一件。FreeBSD-SA-23:17.pf は pf の問題。対象は、現在サポートされている全てのバージョン。14.0-RELEASE、13.2-RELEASE、12.4-RELEASE。

FreeBSD-EN-23:17.osslは、暗号化用のカーネルモジュール。スレッドの処理に問題があり、バッファの処理が間違っている。特に zfs に影響が多い。対象は 14.0-RELEASE だけ。

FreeBSD-EN-23:18.openzfs も zfs の問題。zfs のスレッドが CPU を浪費する。こちらも対象は 14.0-RELEASE のみ。

FreeBSD-EN-23:19.pkgbase は pkgbase のバージョンが間違っていた問題。これも対象は 14.0-RELEASE のみ。

FreeBSD-EN-23:20.vm.asc はメモリアロケータの問題。これも対象は 14.0-RELEASE の問題。まあ、他の問題もあるので、更新一択 だろう。

FreeBSD-EN-23:21.tty は IUTF8 で tty がカーネルパニックを起こす問題。対象は 14 系と 13 系で、13.2-RELEASE と 14.0-RELEASE。

FreeBSD-EN-23:22.vfs は ZFS スナップショットが NFS エクスポート出来ない問題。対象は 14 系と 13 系で、13.2-RELEASE と 14.0-RELEASE。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2023/12/10/9641455/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。