2003 年製の Western Digital の WD2500JB を現役復帰2022年01月09日 01時47分15秒

古い内蔵ハードディスクを現役復帰。IDE to USB コネクタを持っている。仮想環境のディスクイメージや大量の写真や動画を一時的に保持する、それなりに大きいスペースが必要だった。

ディスクを見てみたら、製造は 2003 年 3 月 18 日。モデルは WD2500JB-32EVA0 となっている。製造年月日に気が付かなくて、いつ頃製造なのかを探して、検索をしていたら 35 ドルから 80 ドルの間で売りに出ていて驚いた。20 ドルもしないだろうと思っていたので。

当時は 250GB のディスクを幾つか持っていて、デスクトップ機で使っていた。他のディスクは焼き付いたり、回転しなくなって、既に廃棄済み。

STAT へのコネクタもあったので試してみたが、残念ながら認識しなかった。ここ十年物のデスクトップでも IDE の接続口は既になくなっていたようだ。ここ十年物のデスクトップでも IDE の接続口は既になくなっていたようだ。

USB 接続だと 30 MB/s なので早くはないが、ファイルの移動に便利に使えている。手元の仮想環境だと、大体 30GB から 50GB なので、普段使いの USB 外付けディスクだと、細かい作業ファイルがたまっていて、空き領域が足りなかった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2022/01/09/9454614/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。