Seamonkey の更新試行錯誤中2022年01月03日 02時09分01秒

FreeBSD の ports から seamonkey が消されてだいぶ経つ。最初の頃は ports から差し戻して作っていたが、それも難しくなり、pkgsrc で試したが上手にいかなかった。

ただ、pkgsrc のメーリングリストで、FreeBSD で自前でコンパイルして seamonkey をして入れたと教えてもらったのが昨年の六月頃。半年前になる。しかし、seamonkey のビルドは大変なので見送っていた。

昨年の年末から時間に余裕があったので、試し始めた。幾つか試してみたが、どれもエラーで止まる。取り敢えず、公開バージョンがそのままでコンパイルが出来るかから始めた方が良さそうだ。オプションもかなりあるので、その取捨選択も大変だ。

前回次回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2022/01/03/9453044/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。