冬に備えて暖房機を付け変えた2021年10月06日 13時36分06秒

引っ越してから寒くなる前に済ませなければいけなかった事の中でも一番大切な事。暖房のボイラーが二十年ものだったので、入れ替えた。この地方の真冬に暖房が壊れたら、過ごせない。

蒸気式と言うらしく、各部屋に繋がっている放熱器に管を通してボイラーから蒸気を送りだす。

取り外しと、新しいボイラーの搬入はあっと言う間に終った。すぐに終るのかと思ったら、大分時間がかかり、土曜日は朝から三時まで。そして、月曜日も朝から三時まで作業をして終った。最初は一日で終る予定だったようだが、銅管が見付からないと、一旦作業を中止しなければいけなかった。

ボイラーにはガス管と水道管が入り、水蒸気の配送管と回収管が付いている。かなりの数の銅管の繋ぎ直しが必要で、一本ずつの作業がとても時間が掛かるようだった。

最近は寒くなってきたので、課題だったボイラーの更新が終り、一安心。

次回