Python の配列には push_front は無くて + で配列同士を連結する2021年05月27日 12時38分30秒

元々 C++ 使いなので、Python では時おり驚くことがある。スクリプト言語の特色と言ったところか。

配列を使っていたのだが、先頭に新しい要素を追加したい。std::vector や std::deque の push_front() を探したが見付からなかった。C++ だと、今あるコンテナを壊さずにと考えてしまうが、Python では業々 push_front 等を作らずに配列を足してしまえば良いとの考え方だ。

#!/usr/local/bin/python

numbers = [ 1, 2, 3, 4, 5 ]
print( numbers )
numbers = [ 6 ] + numbers
print( numbers )
一応、実行結果。
% python3.7 push_front.py
[1, 2, 3, 4, 5]
[6, 1, 2, 3, 4, 5]

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2021/05/27/9381802/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。