Python の args と kwargs2021年05月16日 10時11分59秒

args と kwargs は Python で良く見かける関数の引数の名前。インタプリタ型の言語の特徴を利用して、柔軟な処理をしている。

args は *args で、kwargs は *kwargs で使われる。kwargs は仮引数に無い、名前付きの実引数を全て引き受ける。args は仮引数以上渡された名前無しの実引数を全て、タプルとして受け取る。

要約すると、この二つがあれば、あらゆる引数が処理できてしまう書式でもある。

実例。

%  args_kwargs.py 
#!/usr/local/bin/python3.7

def func( *args, **kwargs ):
    print( args )
    for arg in args:
        print( f"{arg}" )
    print( kwargs )
    for key, value in kwargs.items():
        print( f"{key} -> {value}" )

func( 1, 2, 3, one = 1, two = 2 )
実行結果。
(1, 2, 3)
1
2
3
{'one': 1, 'two': 2}
one -> 1
two -> 2

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2021/05/16/9378072/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。