FreeBSD を subversion で取得する2009年02月14日 01時54分13秒

FreeBSD の /usr/src の履歴管理が subversion に移って半年ぐらい経つ。ports は移行していないし、cvs は当分の間はサポートされるのは表明されているので、急いで移行する必要もない。

現実問題として、パッチなどを特に当てていなかったり、更新頻度が低いために毎度パッチを当てるのが苦でなければ、csup や portsnap の方が更新に掛かり時間は圧倒的に短い。

それ以外でも、subversion は各ファイルを二つずつ保持するので、必要なディスク容量も二倍必要になる。既にパッチのたくさん当たっている cvs から移行する手間も考えると、svn に移行する絶対的な利点は無いと思っている。唯一の利点は、svn diff はレポジトリへ接続しないので、ネットワーク接続が無くても diff が取れる事ぐらいだ。

しかし、そこにあるから試したくなるのも人の心だ。まず、subversion を ports からインストールする。


$ cd /usr/ports/devel/subversion-freebsd
$ make install

$FreeBSD$ を展開する細工が必要なので、標準的な実装ではパッチを作って投げる時に支障をきたす。しかし、手元で追いかけるだけなら、この限りではない。

HEAD を追いかける。


svn checkout svn://svn.freebsd.org/base/head /usr/src

7-STABLE を追いかける。

svn checkout svn://svn.freebsd.org/base/stable/7 /usr/src

FreeBSD 6.3-RELEASE のパッチを追いかける。

svn checkout svn://svn.freebsd.org/base/release/6.3.0 /usr/src

上記のコマンドは全て、/usr/src にコードを展開する。/usr/src に既にファイルがあると失敗する。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2009/02/14/4119539/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。