BSD Make -V2008年12月09日 12時19分08秒

FreeBSD で ports をいじるとわかるが、ports の Makefile にはたくさんの変数が隠されている。しかも、Mk の中で様々な処理が行われるので、コードを追うのも大変だ。

BSD make には -V オプションの拡張がある。これを使うと、デフォルトのターゲットなどの実行を行わずに、指定された変数を出力するようになる。


% cd /usr/ports/java/jdk16
% make -V PKGNAMEPREFIX
% cd ../diablo-jdk16/
% make -V PKGNAMEPREFIX
diablo-
%

JDK 1.6 を提供する ports は二つある。それらには PKGNAMEPREFIX が与えられるため、共存できる。これらの事が、-V オプションを使うことによって見られる。

ports のパッチを作る必要がある時に、色々と有用だ。