依存されていないパッケージの削除2008年05月10日 15時19分44秒

ports-mgmt の中を覗くと、ports 管理のツールがある。その中でも、依存関係を持たない不要なパッケージを探して削除するツールが幾つかある。幾つか種類があって、使い勝手も違う。どれを好みによるだろう。

その中でも、使いやすかったのが pkg-orphan だった。dialog、つまり FreeBSD インストーラや ports の make config 等で使われている、ターミナル用の GUI を使った物もあった。pkg-orphan は GUI を使わない物だ。目に付くものを試してみたが、一つずつ GUI で行ったり来たりするのが面倒で、こちらの方が都合が使い勝手が良かった。

使い方は至って簡単。pkg-orphan を起動すると、依存されていないパッケージを探しだし、一つずつプロンプトで対応を求めてくる。Delete を選ぶと、プロンプトが全て終了すると消される。Keep を選ぶと、次回から pkg-orphan のプロンプトから外される。そして、Ignore を選ぶと、今回はそのまま何もされず、次回起動したときも又プロンプトで尋ねてくる。


# pkg-orphan 
===>  Loading list of orphaned packages.
===>  Loading list of kept packages.
===>  Selecting operations for packages.

Package 1 of 166:
Hermes-1.3.3_2: Fast pixel formats conversion library
Hermes-1.3.3_2: Delete/Keep/Ignore? [I]: 


Package 2 of 166:
ImageMagick-6.3.6.9: Image processing tools
ImageMagick-6.3.6.9: Delete/Keep/Ignore? [I]: k


Package 3 of 166:
apache-ant-1.7.0_1: Java- and XML-based build tool, conceptually similar to make
apache-ant-1.7.0_1: Delete/Keep/Ignore? [I]:
...


=> Keeping  xorg-7.3_1
=> Keeping  xorg-fonts-7.3_1
=> Keeping  xorg-nestserver-1.4_1,1
=> Keeping  xorg-protos-7.3_2
=> Keeping  xorg-vfbserver-1.4_1,1
=> Keeping  xosview-1.8.3_1
=> Ignoring xrx-1.0.1_1
=> Keeping  xterm-234
=> Keeping  zip-2.32
===>  166 considered: 3/3 deleted, 52 kept, 0 skipped, 111 ignored; 0 failed.

この時、Keep で選んだものは、/var/db/pkg/orphans.lst に保存される。


# head /var/db/pkg/orphans.lst 
ImageMagick
bogofilter
buffer
compat5x-i386
compat6x-i386
cvsup
filezilla
freesbie
gauche
gcc

使っていて思ったが、pkg-orphan だと実際には他から必要とされている物も、候補にでてきた。それが、pkg-orphan のバグだか、ports の依存関係が正しく記述されていないのは調べていない。もし、使うのであれば、気にかけておいて欲しい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2008/05/10/3497252/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。