luit と xterm の不具合。2007年11月24日 07時08分53秒

luit は xterm の国際化プログラム。FreeBSD の ports では、有効にしてある。

これが、Xorg 6.9 からの更新時には更新されないために、/usr/X11R6 以下に残ってしまう。Xorg の手順の中で抜けてしまったのだろう。Xorg 6.9 からの更新が終わっても以下のようなエラーが出る。


xterm: Can't execvp /usr/X11R6/bin/luit: No such file or directory
xterm: cannot support your locale

luit の PORTREVISION を上げて、luit を入れ直す。


% cat luit.diff
--- Makefile.orig       2007-11-23 06:13:04.000000000 -0500
+++ Makefile    2007-11-23 04:34:50.000000000 -0500
@@ -7,7 +7,7 @@
 
 PORTNAME=      luit
 PORTVERSION=   1.0.2
-PORTREVISION=  2
+PORTREVISION=  3
 CATEGORIES=    x11
 
 MAINTAINER=    x11@FreeBSD.org

そして、xterm の更新も必要になる。xterm が luit のパスが埋め込まれるので、luit の更新が先になる必要がある。その為、BUILD_DEPENDS を加える。


% cat xterm.diff 
--- Makefile.orig       2007-11-23 04:47:13.000000000 -0500
+++ Makefile    2007-11-23 04:52:19.000000000 -0500
@@ -7,6 +7,7 @@
 
 PORTNAME=      xterm
 PORTVERSION=   229
+PORTRIVISION=  1
 CATEGORIES=    x11
 MASTER_SITES=  ftp://invisible-island.net/xterm/ \
                http://voodoo.bawue.com/download/
@@ -15,6 +16,8 @@
 MAINTAINER=    krion@FreeBSD.org
 COMMENT=       Terminal emulator for the X Window System
 
+BUILD_DEPENDS= luit:${PORTSDIR}/x11/luit
+
 USE_XORG=      xaw xft
 GNU_CONFIGURE= yes
 CONFIGURE_TARGET=--build=${MACHINE_ARCH}-portbld-freebsd${OSREL}

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2007/11/24/2455091/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。