FreeBSD の ports システム2007年06月26日 11時44分11秒

FreeBSD の ports システム は良くできている。特に新規のインストールには最高だ。make install で依存関係も含めたインストールも終わってしまう。

一時期は Liunx や OpenBSD なども並列して使っていた。次第に OS 間で、バージョンを合わせる努力を重ねるのに疲れ、FreeBSD に絞った。結局のところ、違った OS 間でアプリケーションのバージョンを全てそろえるのは、ほぼ不可能に近い。結局、何かしらが違っていた。その時に、FreeBSD を選んだ理由は、ports でサポートされている数が抜きん出ていたのが一つの理由だった。

しかしながら、アップグレードはすこぶる難しい。portupgrade を無くしてはほぼ不可能だ。portmaster なる物も最近で出てきたようだが、残念ながら長い間使われていた ports では動かなかった。既に削除された物を上手に扱えない。もし、新規にインストールした環境なのであれば、問題ないのかも知れない。

依存関係のデータが大きくなってたため、portupgrade では、それこそ ports のビルドよりも、データベースの再構築と修正にかなりの部分が費やされる。最近では、そのことに対する不満や、再設計の提案なども良く目にするようになった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2007/06/26/1607019/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。