Windows のリソース不足2007年06月12日 10時54分12秒

残念ながら、Windows も仕方無く使わなくては、いけないときもある。所詮 Windows なので、エクスプローラの時々のクラッシュや、Microsoft Word の無意味な CPU の消費などは、もちろん許容範囲だ。

しかし、どうしても解せないのは、リソース不足だか、メモリ不足だかだ。Windows の VM は最悪の出来なのは知っているので、遅い分には待っていればいいだけなのだが、これだけは我慢が出来ない。

どの様に使えば 400MB も物理メモリが余っているのに、 動作に支障をきたせるのだ。1GB の物理メモリが入っているのに 600MB ぐらい使い始めると、エクスプローラの表示がおかしくなり始める。エラーダイアログこそ出さないものの、メニューが出ないので、ほとんど使い物にならない。仕方無く必要なウインドウを閉じるなどしなければ、Windows が動かない。フォルダー間の移動なども満足に出来ない。

何も利用可能なリソースを勝手に制限をかけて、異常な動作をする必要も無いのに…