電池切れ2006年05月18日 13時40分42秒

ファイルサーバの電池がなくなった。

起動時にけたたましい音を鳴らしながら、キーボード入力を待つ。画面にはハードウェアに異常があると出ている。そのまま、F1 キーを押し、起動。案の定、目立った問題なく起動。date を打つと、やはり時計が戻っている。どうしたものか。

確か、これを買ったのが 1998 年。最初の二年ぐらいは常時稼働で gateway だったが、それ以降はほぼファイルサーバ。ディスクだけは何度拡張したことか。

それでも、ほぼ八年も使っていたことになる。Celeron 400MHz。昨今のデスクトップを開くと、巨大な排熱板とファンが回っている。こちらの Celeron は、Socket 7 て呼ばれていたと思うが、それでも CPU に付ける最小のファンが付いている。

その当時は、Pentium 2 が 30W も消費し、暖房機だと揶揄されたものだ。こちらは、もう一回り大きいファンが付いていた。Intel の CPU にはファン無しなど、その当時から無かったので、なるべく発熱の少ないのと思い、Celeron を購入した。一年程前に、久ぶりに当時の標準的なデスクトップを開けた時、motherboard の中央にも特大なファンが付いていて、驚いたものだ。

この機械は、最近外付けディスクに替えたこともあり、二週間に一度の利用になっているので、あと一年ぐらい電池をほおったらかしにして、使う予定。