雑草の一時置場 - 2022 年 9 月 25 日2022年10月02日 10時51分27秒

雑草の一時置場 2022 年 9 月 25 日
今年の夏は、引き抜いた雑草は大体堆肥の材料として混ぜ込んだ。

最初は緑の葉のまま、土と交互に放置していた。しかし、一度乾燥させて黄色くしてからの方が、発酵の進みが早いみたいだったのを発見。そこで、一度駐車場部分のコンクリート上で乾燥させてから、土と交互に挟んで置くようにした。

ここ、確か、二、三週間ぐらい前に重ねたところだと思う。また、重りの直下等、加重が加わっている草の方が発酵が進みやすいので、手元に余計に石があった場合は全部適当に載せておいた。

前回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2022/10/02/9530159/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。