バゲット系のパンの焼くコツは水と塩多めで、長期発酵2022年01月25日 11時22分24秒

バゲット系のパンがやっと上手に焼けるようになってきた。

材料の配分は水と塩を多め。塩は小麦粉の量の一パーセント入れる。水はたっぷりで、手で捏ねようとしたらベトベトにくっついて収集がつかなくなるくらい。スプーンやヘラで捏ねる。

カッチリ焼けるように低い温度で丸一日かけて発酵させる。ほどほどに発酵した生地に打ち粉をちらして、くっつくのを防ぎつつ、整形。その後、一時間程度、発酵させた後に、高温のオーブンで一気に焼く。最初は蒸気を入れるか、水を掛けて蒸し焼き。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2022/01/25/9458782/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。