pytest の fixture で使える scope2021年03月11日 12時39分38秒

Python のほぼ標準の pytest。
@pytest.fixture
env_setup()
の様に関数の定義の前に置くことで、特殊な機能を追加する。

fixture はテスト毎に初期化される特殊変数。これらの関数が実行され test 関数で引数として受け取って使える。

test_print( setup_env )

これに scope 変数を渡して、各フィクスチャーの有効範囲を決められる。

@pytest.fixture(scope="session")
env_setup()
scope
function デフォルトの動作。フィクスチャーは各関数呼び出し後に破棄される。
class フィクスチャーは各クラス最後のテスト関数呼び出し後に破棄される。
module フィクスチャーは各モジュール最後のテスト関数呼び出し後に破棄される。
package フィクスチャーは各パッケージ最後のテスト関数呼び出し後に破棄される。
session フィクスチャーは各セッション最後のテスト関数呼び出し後に破棄される。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2021/03/11/9355990/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。