NetBeans 9 以降で C/C++ を有効にするには 8.2 のプラグインが必要2021年02月23日 13時36分57秒

NetBeans Plugin for C/C++
NetBeans は元々 Java 用の IDE として開発されたもの。最新版の NetBeans 11 でも C/C++ を扱える。それには、プラグインをインストールする必要があるが、若干分かりづらかった。

NetBeans を起動して、「Startup」ページを出すと比較的簡単。「プラグイン」のダイアログを出し、「Setting」から「NetBeans 8.2 Plugin Portal」を選ぶ。そうすると「Available Plugin」の中に「C/C++」の選択肢が出てくる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2021/02/23/9349999/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。