Raspberry Pi を試した2021年02月12日 14時00分12秒

Raspberry Pi をクリスマスのプレゼントで貰った。息子と娘がその箱の華麗さにひかれて二人で欲しがり喧嘩をした。息子がほぼ力ずくで奪い取り、手中に納めるも、起動の仕方が分からないのだが、起動した後に何をすれば良いのか分からないのだかで、昨年末から放置。モニタが息子の所にしかないので試せなかったが、受験が終り、以前程コンピュータにしがみ付かなくなったので時間が取れた。

arm 製で、メモリは 512 MB、メモリスティックは 16GB だったと思う。電源を接続し、主電源を入れると Linux が起動した。そのままログインすると Scratch 等の学習系のプログラムが入っている。娘の方がまた興味をもった様だ。

取り敢えず、あれこれ動かしたり複数の Scratch を起動するとメモリが足りなくなったみたいで急に遅くなった。元もと速い CPU でもなさそうだ。また、娘とゆっくり試して見ようと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2021/02/12/9346409/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。