git subtree は他のレポジトリを取り込めるが使いづらかった2021年01月23日 13時42分13秒

git には subtree と言うコマンドがある。類似としては git submodule がある。

submodule はハードリンクのように、他にある git レポジトリの場所とチェックアウトしたリビジョンを記録して、同期を取る。リビジョン管理のみを行い、ファイルは原本から取得する。

それに対し、subtree はファイルと履歴を外のレポジトリから取り込んで、手元でコミットされているファイルとして扱う。

subtree を実験的に使ってみたが、ファイルが手元にあるために、git rebase -i 等で手元の作業を適当にコミットした物をまとめる時等に、SHA が変ってしまうなどの影響で使いづらかった。結局、submodule を使うことにした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2021/01/23/9340240/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。