半分の大きさでパレーパン2020年08月24日 11時59分28秒

カレーパン

前回作ったカレーパンは、食パン一斤分の生地を四分の一にして焼いたもの。流石に大きかった。

そこで、今回はその半分の大きさの八分の一にしてみた。写真で見ると、どちらも枠いっぱいに入るように取っているので違いはあまり分からない。

今回は生地に少し水分を増やして、伸ばしやすいようにした。前回は水分が少なめで、伸ばしづらかった。生地を麺棒で伸ばす。丸く伸ばせれば良いのだが、時折四角く伸びてしまう。四角の生地でも三角のカレーパンを作れば大丈夫。

カレーパンはカレーを真中に置いて、二つ折りに閉じて端をきっちりと閉じる。そのため、半月型か三角型が安定のようだ。

初めてカレーパンを作ったときは、大変だった。何度か作ると要領も良くなって、三十分で出来る。これだったら、おやつでも作れるかとも思い始めた。

前回次回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2020/08/24/9281693/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。