烏賊飯を作ったが味が薄い2020年06月24日 12時08分17秒

イカメシ

烏賊飯を作ってみた。

米と餅米を半分ずつ。今回は四合分準備した。それに、醤油と味醂を適当に。共に、大さじ二、三杯。

烏賊が小ぶりで半分以上残ってしまったので、そのまま米と烏賊を一緒に炊いた。

烏賊を取り出してみると、思ったよりも色が付いていないので、醤油と砂糖を沸騰させ絡ませてみた。それでも薄味だった。烏賊の中に醤油だれを大さじ一杯ぐらいだったら入れても良さそう。

烏賊の中のご飯は炊けるのに時間が掛かる。外の米はとても軟らかかったが、中に入れたのは固めの炊き上がり。別々にした方が良さそうだった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2020/06/24/9261046/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。