メモリが圧迫しているので Safari を再起動した2020年04月16日 12時11分53秒

圧縮メモリとスワップを合計した量が 12GB を下らない。USB を抜き差しするだけで、MacOS が止まってしまう。

メモリの利用量を見るとやはり Safari が占めている。Safari 自体は 2GB だが、ウェブページ一つ毎にプロセスを作って、多いものだと 500MB ぐらいとっている。Safari を再起動するのはあまり好きでは無いが、メモリ不足による影響が大きくなったので、再起動した。

再起動後に前のセッションを復帰させる。前のセッションを復帰しても、隠れているタブはすぐに読み込まれないので、各々のページを開いてしまうまでは、メモリの利用量が抑えられる。

Safari 再起動後は圧縮メモリとスワップを合計した量が 5GB で安定するようになった。USB を抜き差しして、以前の様に五分も動作が停止する様な事はなくなった。まあ、現時点ではほとんどのタブは開き直していないので、低空飛行で飛ぶたったばかりではある。

前回