clang-format -dump-config で各バージョン対応の設定を入手する2020年03月25日 12時08分25秒

clang-format にはどの設定がどのバージョンから導入されたのかドキュメントが無い。一番手っ取り早く調べられるのが、clang-format -dump-coonfig な様だ。

ちょっと古めの環境だったので llvm のバージョンも少し古めだが、それでも dump される内容が違う。

% clang-format60 -dump-config > 60
% clang-format70 -dump-config > 70
% diff -u 60 70
...
@@ -16,7 +16,7 @@
 AlwaysBreakAfterDefinitionReturnType: None
 AlwaysBreakAfterReturnType: None
 AlwaysBreakBeforeMultilineStrings: false
-AlwaysBreakTemplateDeclarations: false
+AlwaysBreakTemplateDeclarations: MultiLine
 BinPackArguments: false
 BinPackParameters: false
 BraceWrapping:   
@@ -38,6 +38,7 @@
 BreakBeforeBinaryOperators: None
 BreakBeforeBraces: Allman
 BreakBeforeInheritanceComma: false
+BreakInheritanceList: BeforeComma
 BreakBeforeTernaryOperators: true
...

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2020/03/25/9228000/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。