gdb で例外が投げられるときに止める2020年03月21日 12時05分45秒

C++ のプログラムで、例外が投げられるときにデバッガを止めたいことは多々ある。Exception にブレイクポイント付けようにも数が多すぎて出来ない。そこで、ほとんどのデバッガには throw 時に止められるコマンドがある。

gdb は catch throw をやっておくと、例外が投げられるときに止めてくれる。

gdb ./a.out
(gdb) catch throw
(gdb) run

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2020/03/21/9226572/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。