BOOST_FUSION_ADAPT_STRUCT を使って、構造体の変数をイテレータを使ってアクセスする2020年03月06日 13時23分38秒

BOOST_FUSION_ADAPT_STRUCT はマクロを用いて、クラスや構造体のメンバ変数にイテレータを用いたアクセスを可能にする。

文章で説明するよりも例を用いた方が分かりやすい。

#include <string>
#include <iostream>
#include <boost/fusion/algorithm.hpp>
    
#include <boost/fusion/include/adapt_struct.hpp>
 
struct person
{
    std::string name_;
    int age_;

    person( const std::string& name, int age )
        : name_( name )
        , age_( age )
    {
    }
};

BOOST_FUSION_ADAPT_STRUCT(
    person
    , ( std::string, name_ )
    , ( int, age_ )
)


struct print
{
    template< typename T >
    void operator()( const T& t ) const
    {
        std::cout << t << std::endl;
    }
};

int main()
{
    person p( "Boost User", 10 );
    boost::fusion::for_each( p, print() );
}
このプログラムでは、person と言う構造体を作る。そこに、名前と年齢の変数を作った。 そして、インスタンスを生成し、fusion の for_each で構造体の内容をプリントしている。

print はファンクタを用いた実装。cout が型情報を頼りに良きに計らってくれるので、今回はテンプレートを用いた単純な実装になっている。これを、型の種類毎に実装を変える事も出来る。

また、この実装は c++11 の機能に依存しているので、c++03 等ではコンパイルできない。

% c++ -std=c++11 -I /usr/local/include boost_fucsion_adapt_struct1.cpp
% ./a.out 
Boost User
10
また、ブーストライブラリがインストールされている場所によっては、-I が必要になる。これはヘッダファイルのみの実装なので、BOOST_FUSION_ADAPT_STRUCT は -l の追加は必要ない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2020/03/06/9221218/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。