今年も Alibi を購入2020年01月21日 12時45分52秒

今年も、昨年と同じ Alibiを購入した。

この自転車の利点は、空気を入れない、パンクしないタイヤ。Specialized の Sirius Sports はパンクを軽減させるワイヤの入った、パンクのしづらいタイヤではあったが、それでも平均で月一回のパンクがある。大きな釘や画鋲が落ちていたり、砕けた瓶の歯片が当たり一面に広がっているなどはニューヨークの道では日常茶飯事なので。

値段的にも安め。しかし、残念ながら耐久性や乗り心地は良くない。まだ、乗り始めて一年経たないが、結構駆動部が思い。ベアリングなどが結構痛んでいるような感じ。また、ブレーキも何回か調整したが、ディスクブレーキと比べるととても劣る。詰め物のしてあるタイヤなので、乗り心地も固め。

あれこれを上げると良くない点も多いが、やはりパンクしないのが一番の決め手だった。一回に三十分から、一時間はかかってしまうチューブの交換を避けられるのはとても良い。チューブも一本千五百円ぐらいだが、年間には一万円を越える。

自転車も値段が段々下がってきているので、四百ドル越のこのクラスでもまあまあ。自転車通勤を始めた時の半分ぐらいの値段になっている。しかし、Alibi あたりのクラスからは耐久力も落ちている用で、頻繁に買い替える様な感じになってきた。この自転車の交換目安は一年ぐらいの様だ。

この二倍ぐらいの価格帯でも四、五台乗り潰したが、大体一年半でへたってくる。無理して乗ればぎりぎり二年。ギヤ、クランク、タイヤ、細かなワイヤーの交換などもして、延命も試した事もあるが、それでも二年半がやっとだった。なお、年間の走行距離は大体八千キロから一万キロぐらいなので、かなり多い部類。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2020/01/21/9204724/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。