MacOS がクラッシュするのは社用アプリが原因の様だ2020年01月06日 11時42分14秒

MacOS のクラッシュが、ほぼ二週間ぐらいで起きているので、最近記録を取っておいた。大体クラッシュに見回れるのは IO が 1TB を越えた辺りだった。

昨年末の休暇の時も自宅に MacBook を持って帰った。あれこれ実験的な事に使って、沢山の IO を行った。最終的に読み出しが 1.5 TB、書き込みは 2.5 TB まで上がっていた。

そして、仕事始め最初にやったことは MacOS の更新と再起動で始まった。社内用のアプリが起動しないので、再起動をかけるのなら、更新も当てて手間を減らす算段だった。再起動後は特に問題無し。

しかし、その夜最初に起きたのが、スリープからの復帰に失敗による再起動だった。クリスマスに取った休暇は一週間以上でクラッシュは 全く再現せず。意図的に社内用のプログラムを止めてはいなかったが、いつの間にか休暇中に止まっていたようだった。仕事始めの夜にすぐさま OS がクラッシュしたので、怪しいのが影を表したようだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2020/01/06/9198813/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。