自転車のタイヤに小指の爪程のネジが刺さった2019年11月21日 14時21分07秒

春先に購入した Alibi Step-Through - 2018 だが、一番の売りはパンクしないタイヤ。このタイヤは中にまでしっかりと詰め物が入っているので、空気を入れる必要も無いし、パンクもしない。

難点としては若干タイヤが重いこと。空気のようにへこまないので、カーブなどが少し滑べりやすいこと。

それでも、次回買うときは、これと同じような車種にしようと思っている。何せ、パンクの心配が無いので、この自転車に替えてから何年も毎日背負って通っていた、空気入れと交換のチューブ、そして道具一式を持つのをやめた。また、パンクしづらいタイヤだとしても、一、二ヵ月に一回はパンクをする。修理に費す時間が無くなって、楽である。

昨日の帰り道にも大きなネジが刺さった。小指程もある大きさである。どのくらいの衝撃かと言うと、ネジが地面に接するときに、ガタンと自転車が揺れる程の刺さり方。直角に刺さっていた。

それほどの刺さり方でも、外してそのまま走行できる。流石に今回のネジには驚いた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2019/11/21/9179684/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。