Parallels は CPU が 2 個までしか有効活用できない2019年11月15日 16時31分38秒

Parallels の重大な欠点は、二個までしか CPU を利用できないこと。三個以上の CPU を割り当てると、個数が増える毎に性能が著しく劣化する。三個割り当てると、二個割り当てたよりも遅くなる。四個割り当てると、三個割り当てたよりも遅くなる。特に、マルチスレッドで動くプログラムだと、CPU を割り当てる毎にパフォーマンスが悪くなるのが顕著に判る。その為、Parallels Desktop を使うのなら CPU の割り当ては二個以外の選択股はない。

VMWare の方はその様な性能の限界が無いので、割り当てられた物理 CPU を全て性能の劣化無く使うことができる。ただ、全ての CPU を割り当てて VMWare 内で使うと、もちろんホスト側にも影響がある。

Windows だと日常的な使い方だと、三個以上割り当ててもあまり性能の向上は見られない。Windows 限定的な仮装環境の使い方だと、VMWare でも Parallels でも性能の差は体感できない。むしろ、使い勝手としては、Parallels の方が良いくらい。

しかし、FreeBSD 等をゲストとして使っていると、CPU を割り当てた分だけ使うので、VMWare の方が使い勝手が良い。また、FreeBSD を使うのは buildworld を行ったり、カーネルに変更を入れて実験するのが主な目的なので、コンパイルの為に CPU がある程恩恵を受けやすいのもある。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2019/11/15/9177281/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。