Bugzilla に [META] FreeBSD 12.1-RELEASE blockers でリリースが追跡できる2019年10月06日 10時04分09秒

以前はリリース過程の状況は結構不透明だった。ベータリリースにそのリリースから動かなくなったのを Bugzilla に登録すると、そのリリース前に処理はされたが、それで分かるのは自分がレポートしたバグだけ。リリースの進行状況は不明だった。

12.1-RELEASE に向けて [META] FreeBSD 12.1-RELEASE blockers が作成されて、そこに全てのバグが依存関係として登録されている様で、リリースの準備の進み具合が見られて良い。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2019/10/06/9161741/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。