Parallels の方が、設定の変更に関しては柔軟で VMWare よりも上2019年09月25日 13時14分10秒

VMWare を使っていて厄介だったのはハードウェアの構成の変更。ディスクを増減するなどの操作は VMWare だと、スナップショットがあると出来なかった。その為、ディスク容量の変更が必要だと、全てのスナップショットを消す必要がある。そして、「リンクされたクローン」はスナップショットを元に作られるので、実質的には「全てを削除して構成を変更」か「構成の変更を諦める」の二択になる。ディスクの容量を減らすために行った、「リンクされたクローン」の存在がなやましい。

それに引き替え、Parallels の方は、スナップショットがあっても問題ない。その為、変更前に一応スナップショットをとってディスクの増減とかが出来る。「リンクされたクローン」だけにもディスクを追加したりできる。

このハードウェアの変更がスナップショッbトがあっても出来る、Parallels は VMWare よりも柔軟かつ安全に出来る。ハードウェアの構成の変更と言う大きな変更を行いたいので、むしろバックアップ用にスナップショットがとりたい。スナップショットがあると、変更が出来ない VMWare は、その点では不便だった。