自転車のタイヤのブレーキを調整2019年09月14日 11時25分58秒

アメリカのニューヨークは最近随分と冷えてきた。金曜日の出勤は初めての長ズボン。金曜日は随分と冷えたので、半ズボンでは寒そうだった。

今の自転車も乗り初めて半年。ブレーキがかなりすり減ってきていた。そこで、先週末の日曜日にブレーキを一度外して、ネジの配置を変えた。

ゴムのブレーキパッド方式は、ブレーキが擦れて小さくなってきたら、ブレーキの取っ手の辺りのネジを回して、ワイヤをたるみを短くしてすこしづつ調整していく。その部分も使い切った。

一度だけなら、そのネジを絞め直してワイヤをきつくする。その後、ブレーキパッドのネジを外して、車輪側の下駄の高さが高くなるようにすると、また丁度良い効き具合に戻る。擦れて短くなったブレーキパッドが、また車輪に余裕を持って触れられるように擦るため。この交換方法は二度は出来ない。二度目になるとブレーキパッドのゴムが消費されて、根本の金属部分が出てくるようになる。

これで、随分とブレーキの効きが良くなった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2019/09/14/9153365/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。