Parallels と VMWare のネットワークデバイス2019年09月13日 11時55分11秒

Parallels と VMWare のネットワークの設定を比べると、Parallels の方がとっつき易い。Parallelsのネットワークのドキュメントが読みやすく書かれていて分かりやすい。ただ、NAT やその他のネットワークの言葉をよく分かっていれば、VMWare の方も悪くはない。

Paralles の方は、以下のネットワークデバイスを実装している。

Virtio network adapter
仮想環境用のドライバ。FreeBSD でも実装しているが、カーネルの歳構築が必要。
Intel® PRO/1000 MT
インテルのドライバ。
Intel® Gigabit CT (82574L)
こちらもインテルだが、ギガビット。
Realtek RTL8029AS
これも良く見かけるが性能で劣る。
Parallels のバージョンは 14.1.3 で FreeBSD を起動したら、em ドライバを自動認識する。

VMWare の方は、バージョンによって色々。VMWare 11.0.2 を使っているが、FreeBSD は le ドライバを自動認識した。

どちらの仮想環境も、FreeBSD 12.0-RELEASE/STABLE と FreeBSD 13-CURRENT が問題なく動いている。