git rebase -i --root で全ての履歴を編集可2019年08月26日 13時02分23秒

git の良いところは git rebase で過去の履歴すら変えてしまえる所。間違ってゴミなどが、混入した場合には重宝する。例としては、.o や .a 等のオブジェクトファイル。

git rebase を対話的に開始するのは、-i オプションで行う。それに続けて、編集を開始したい sha ID。

% git rebase -i HEAD~10
HEAD から過去十個分の履歴の編集がこれで出来る。

なぜだか知らないが、この rebase には最初のコミットの sha が渡せない。その為、

% git rebase -i --root
が別途存在する。

git merge を行うための下準備に役に立つことが多い。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2019/08/26/9145719/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。