タイヤがパンク2019年02月16日 12時00分25秒

朝の自転車通勤中にタイヤがパンクした。金曜日は朝から摂氏五度ぐらいの暖かい日だった。急にペダルが重くなり、自転車の速度がみるみる落ちた。今回は大きな穴な様で、すぐに気が付き、百メートルも持たない程。ほとんどのパンクは小さい穴が空いて、空気が抜けるのに半日はかかるので、帰りに駐輪場で見付ける事が多い。

暖かかったので、チューブ交換の作業は楽だった。チューブを外し、空気を入れて穴の空いた場所を探す。チューブの穴の場所を頼りに、タイヤを観察。しっかりと、パンクの元になった原因を取り除いておかないと、新しいチューブもすぐにパンクする。

今回はレモンの種の大きさのガラスがタイヤから出てきた。パンクがしずらいタイヤを使っているが、中央の厚い保護部分を貫き、外側から中の繊維が見える程。

作業には三十分ぐらいかかった。そろそろ替えのチューブがそこをつくはず。また、いくつか準備しておかなくては。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2019/02/16/9036745/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。