FreeBSD 12.0-RELEASE の seamonkey に上げたら問題ない2018年12月16日 14時17分46秒

FreeBSD 11.2-RELEASE 向けの seamonkey が落ちるので、少し困っていたのだが、12.0-RELEASE 向けの pkg が公開されているのを見付けたので、全部更新することにした。
$ pkg-static update
$ pkg-static upgrade
で、一気に全部を更新した。現在利用しているのは i386 機。

ports を pkg upgrade で更新後に、seamonkey を起動すると、11.2-RELEASE の時からのセッションを保持したまま起動することが出来た。

取り敢えず、12.0-RELEASE へ移行する障害にはならないようだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://uyota.asablo.jp/blog/2018/12/16/9012522/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。